○婦人防火クラブの活動に係る報償金支給要綱

平成13年8月1日

(総則)

第1条 市民生活の安全の向上のため組織された婦人防火クラブに対する報償金の支給については、この要綱の定めるところによる。

(支給対象)

第2条 報償金は、家庭及び地域の防火を目的とした訓練又は研修(以下「訓練等」という。)を実施した市内の婦人防火クラブに支給する。

(報償金)

第3条 報償金の額は、予算の範囲内において、婦人防火クラブ1クラブ1回につき5,000円とし、年4回を限度とする。

(報償金の支給)

第4条 消防署長は、婦人防火クラブが訓練等を実施したことを確認したときは、当該婦人防火クラブに報償金を交付するものとする。

(実施報告)

第5条 消防署長は、報償金を支給したときは、婦人防火クラブ活動結果報告書(別紙)により消防局長に速やかに報告しなければならない。

(その他)

第6条 この要綱の施行について必要な事項は、消防局長が定める。

附 則

この要綱は、平成13年8月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成14年4月1日から施行する。

婦人防火クラブの活動に係る報償金支給要綱

平成13年8月1日 種別なし

(平成13年8月1日施行)

体系情報
第18類 綱/第18章 消防局/第2節 予防課
沿革情報
平成13年8月1日 種別なし