○災害見舞金支給要綱

昭和28年4月1日

(総則)

第1条 市内で発生した火災又は暴風、豪雨、地震その他の自然災害(以下「災害」という。)による被害を受けた者に対する災害見舞金(以下「見舞金」という。)の支給については、この要綱の定めるところによる。

(対象者)

第2条 見舞金は、次に掲げる者に支給する。ただし、市長が第1号又は第2号の規定による見舞金を支給することが適当でないと認めたものについては、この限りでない。

(1) 現住家屋(店舗等併用住宅については、当該店舗等以外の住宅部分で、現に居住の用に供しているものをいう。)を全壊し、半壊し、又は床上浸水した世帯主その他これに準ずるもの

(2) 災害による死亡者又は重傷者

(3) 前2号に掲げるもののほか市長が見舞金を支給することを適当と認めたもの

(見舞金の額)

第3条 見舞金は、次の表に掲げるとおりとする。

区分

種別

単身世帯

2人以上世帯

全壊

40,000円

70,000円

半壊

30,000円

50,000円

床上浸水

10,000円

20,000円

死亡者

100,000円

重傷者

70,000円

(支給手続)

第4条 市長は、現地における調査、関係機関への照会等の結果に基づき、見舞金を支給するものとする。

(その他の事項)

第5条 この要綱の施行に関し必要な事項は、市長室長が定める。

附 則

この要綱は、昭和28年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、昭和51年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、昭和53年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、昭和56年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、昭和60年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成8年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成9年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成22年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成23年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

災害見舞金支給要綱

昭和28年4月1日 種別なし

(昭和28年4月1日施行)

体系情報
第18類 綱/第1章 市長室/第3節 危機管理課
沿革情報
昭和28年4月1日 種別なし