○ホストファミリー希望者研修実施要綱

平成27年4月1日

(総則)

第1条 この要綱は、横須賀ホームビジットにおいて、日帰り英語生活体験の参加者(以下「利用者」という。)の受入れに必要な知識等の習得のため、ホストファミリーになることを希望する者に対して市が実施する研修(以下「研修」という。)について、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 横須賀ホームビジット 横須賀ホームビジット運営指針に基づき、英語を実践する機会として市内で日帰り英語生活体験を提供する取組みをいう。

(2) ホストファミリー 利用者を受け入れ、日帰り英語生活体験を提供する家庭であって、かつ、研修を修了した国籍又は出身国が外国である者(日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定(以下「日米地位協定」という。)の適用を受ける者を除く。)を含む家庭をいう。

(3) 登録事業者 横須賀ホームビジット事業者登録規約に基づく登録を行い、横須賀ホームビジットを実施する民間事業者をいう。

(研修の対象者)

第3条 研修の対象者は、ホストファミリーになることを希望する者のうち、市内に在住し、又は在勤し、かつ、国籍又は出身国が外国であるもの(日米地位協定の適用を受ける者を除く。)を含む家庭の者とする。

(研修の内容等)

第4条 研修の内容は、次に掲げる事項を含むものでなければならない。

(1) 安全衛生、事故防止等に関する事項

(2) 受け入れ時の心構えに関する事項

(3) 異文化理解に関する事項

(4) 横須賀の魅力に関する事項

(研修の委託)

第5条 市長は、研修を効果的に達成するため必要があると認めるときは、その企画及び運営を市長が適当と認める者に委託して実施することができる。

(修了証)

第6条 市長は、研修が終了したときは、修了証を交付するものとする。

(情報提供)

第7条 市長は、修了証の交付を受けた者の同意を得て、登録事業者に対し、当該者の修了者の住所、代表者氏名、連絡先等の個人情報を提供するものとする。

(守秘義務)

第8条 研修を受けた者は、研修中に知り得た秘密を漏らしてはならない。

(その他の事項)

第9条 この要綱の施行に関し必要な事項は、政策推進部長が定める。

附 則

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成28年9月1日から施行する。

ホストファミリー希望者研修実施要綱

平成27年4月1日 種別なし

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第18類 綱/第2章 政策推進部/第2節 プロジェクト推進課
沿革情報
平成27年4月1日 種別なし