○定期予防接種費用助成要綱

平成28年4月1日

(目的)

第1条 この要綱は、本市に居住する者に対する予防接種法(昭和23年法律第68号)第5条の規定による予防接種(以下単に「予防接種」という。)を事情により横須賀市が集団接種を実施する施設又は個別接種を委託する医療機関として指定した場所(以下「指定医療機関等」という。)で行うことができない場合の予防接種を行うために要した費用(以下「接種費用」という。)を助成することにより、市民の経済的負担を軽減し、もって感染症の感染拡大を予防することを目的とする。

(助成対象者)

第2条 接種費用の助成を受けることができる者(以下「助成対象者」という。)は、横須賀市に住所を有する子の保護者のうち、指定医療機関等以外の日本国内の医療機関において子の予防接種を受け、かつ、次の各号のいずれかに該当する者としてあらかじめ本市から第5条の規定により予防接種実施依頼書の交付を受けた者とする。

(1) 出産等で予防接種の対象となる子を連れて長期にわたり市外に滞在する者

(2) 予防接種の対象となる子が市外の医療機関に入院している者

(3) 前2号に掲げるもののほか、やむを得ない特別の理由があると市長が認める者

(助成の対象となる予防接種)

第3条 助成の対象となる予防接種(以下「定期予防接種」という。)は、別表に定めるものとする。

(助成額)

第4条 助成の額は、助成対象者が子に定期予防接種を受けさせることに要した額と市が個別接種を委託する医療機関に定期予防接種を委託する際に算出する単価とのいずれか少ない額に相当する額とする。

(予防接種実施依頼書の交付申請等)

第5条 助成を受けようとする助成対象者は、指定医療機関等以外で定期予防接種を受ける前に、市長に対し、予防接種実施依頼書(以下「依頼書」という。)の交付の申請をしなければならない。

2 市長は、前項の規定による申請を受けた場合は、速やかにその内容を審査し、適当と認めるときは依頼書を交付するものとする。

(助成の申請)

第6条 助成対象者は、助成を受けようとするときは予防接種費用助成申請書(第1号様式)に次に掲げる書類を添付して申請しなければならない。

(1) 接種した医療機関等の領収書(定期予防接種を受けたことが分かるものに限る。)

(2) 母子健康手帳の写し、予防接種済証その他予防接種の記録が記載されているもの

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

2 前項の規定による申請は、定期予防接種を受けた日から1年以内に行わなければならない。

3 市長は、第1項の申請書の提出を受けた場合は、その内容を審査し、助成を決定したときは、予防接種費用助成決定通知書(第2号様式)により通知するものとする。

(その他の事項)

第7条 この要綱の施行に関し必要な事項は、こども育成部長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成28年10月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

1 インフルエンザ菌b型

2 小児用肺炎球菌

3 四種混合

4 三種混合

5 麻しん風しん混合

6 麻しん

7 風しん

8 不活化ポリオ

9 水痘

10 日本脳炎

11 ジフテリア・破傷風混合2期

12 子宮頸がん予防

13 B型肝炎

14 BCG

画像

画像

画像

定期予防接種費用助成要綱

平成28年4月1日 種別なし

(平成28年4月1日施行)