○ドローンフィールド管理運営要綱

平成28年11月1日

(目的)

第1条 ドローン(航空法(昭和27年法律第231号)第2条第22号に規定する無人航空機をいう。以下同じ。)を活用した事業のための飛行訓練、開発のための実証実験等を行い、ドローンに関連した企業集積を図るために開設したフィールド(以下「ドローンフィールド」という。)の管理運営については、この要綱の定めるところによる。

(所在地)

第2条 ドローンフィールドの所在地は、横須賀市長坂5丁目地内の別図に定める区域とする。

(使用時間)

第3条 ドローンフィールドの使用時間は、午前8時30分から午後4時までとする。

(休業日)

第4条 ドローンフィールドの休業日は、次に掲げるとおりとする。ただし、市長が特に必要と認める場合には、臨時に休業日を設けることができる。

(1) 12月29日から翌年の1月3日までの日

(2) ドローンフィールドに管理運営上、入場できないとき。

(使用者)

第5条 ドローンフィールドを使用できる者は、ドローンを活用した事業を行う者若しくは行う予定のある者又はドローンの開発の実証実験を行う者若しくはそれに準ずる行為を行う者であって、次の各号のいずれにも該当する者とする。

(1) 横須賀市内に事業所を持つ法人又は市内に住所を有する中小企業等協同組合法(昭和24年法律第181号)第3条第1項に規定する事業協同組合

(2) 横須賀市暴力団排除条例(平成24年横須賀市条例第6号)第2条第2号に規定する暴力団でないこと及び代表者又は役員が同条第3号に規定する暴力団員でないこと。

2 前項の規定にかかわらず、市内に所在する国、地方公共団体の機関その他これに準ずる団体は、ドローンフィールドを使用することができる。

(使用者の登録申請)

第6条 ドローンフィールドを使用しようとする者(以下「登録申請者」という。)は、あらかじめドローンフィールド使用者登録申請書(第1号様式)を市長に提出しなければならない。

2 前項の申請書には、次に掲げる書類を添付しなければならない。ただし、前条第2項に規定する者は、この限りでない。

(1) 登記簿謄本又は履歴事項全部証明書

(2) 定款又は寄附行為の写し

(3) 法人又は事業協同組合の役員の氏名、氏名のふりがな、住所、生年月日及び性別を記載した一覧表

(4) その他市長が必要と認める書類

(登録)

第7条 市長は、前条第1項の申請書の提出を受けたときは、第5条の規定に該当するかどうかを審査し、該当すると認めたときは、使用者登録台帳に登録するものとする。

(登録証の交付等)

第8条 市長は、前条の規定により登録をしたときは、ドローンフィールド使用者登録証(第2号様式。以下「登録証」という。)を当該登録申請者に交付するものとする。

(登録事項の変更)

第9条 前条の規定により登録証の交付を受けた者(以下「登録者」という。)は、登録事項に変更があったときは、ドローンフィールド使用者登録事項変更届出書(第3号様式)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の届出書の提出を受けたときは、使用者登録台帳の登録事項の修正を行うものとする。

(登録証の再交付)

第10条 登録者は、登録証をき損し、若しくは汚損し、又は紛失した場合において、登録証の再交付を受けようとするときは、市長にドローンフィールド使用者登録証再交付申請書(第4号様式)を提出しなければならない。

(登録の取消し)

第11条 市長は、登録者が次の各号のいずれかに該当する場合は、当該登録を取り消すことができる。

(1) 虚偽その他不正な行為により申請をしたとき。

(2) 次条の規定に違反したとき。

(3) 第17条の規定に違反したとき。

(4) その他市長が適当でないと認めたとき。

(譲渡等の禁止)

第12条 登録者は、他人に登録証を譲渡し、又は貸与してはならない。

(使用許可申請)

第13条 登録者がドローンフィールドを使用するときは、使用期日の3月前の日から使用期日の14日前の日までにドローンフィールド使用許可申請書(第5号様式)を市長に提出しなければならない。

2 使用期日の14日前の日までにドローンフィールドを使用しようとする者がいない場合は、第15条本文の規定にかかわらず、1月に7日を超えてドローンフィールドの使用をする者も使用期日の14日前の日から7日前の日までの間にドローンフィールド使用許可申請書を市長に提出することができる。

3 市長は、使用許可申請書を受けた場合において、支障がないと認めたときは、ドローンフィールドの使用を許可し、ドローンフィールド使用許可書(第6号様式)により通知するものとする。

4 使用が許可された者は、使用しようとする日の3日前(日曜日、土曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日を除く。)までに次に掲げる書類を提出しなければならない。

(1) ドローンフィールドを使用する者の氏名を記載した一覧表

(2) ドローンフィールドに乗り入れる車両の車種、色及び登録番号を記載した一覧表

(3) ドローンフィールドに持ち込む機材の一覧表

(4) ドローンが保険に加入していることを証する書類

(5) その他市長が必要と認める書類

(使用許可の方法)

第14条 ドローンフィールドの使用許可は、申込みの順序により行う。ただし、使用期日の3月前の日において申込みが重複したときは、抽選により使用する者を決定するものとする。

(使用期間等の制限)

第15条 ドローンフィールドの使用は、第13条第1項の規定による申請の場合は、1月に7日を限度とする。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(使用できる範囲)

第16条 別図に定める立入可能区域、飛行可能区域のみを使用するものとする。ただし、市長が特に必要と認めるときはこの限りでない。

(遵守事項)

第17条 使用者は、ドローンフィールドの使用に当たり、安全な航行に努め、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 工作物等を設置しないこと。

(2) 動物を連れてドローンフィールドに立ち入らないこと。

(3) 航空法等の法律に違反する行為を行わないこと。

(4) ごみ等を放置しないこと。

(5) 樹木等を伐採しないこと。

(6) 火器類を使用しないこと。

(7) 立入禁止区域に立ち入らないこと。

(8) 第1条の目的以外の行為を行わないこと。

(9) 喫煙は、使用者の乗り入れた車内で行うこと。

(10) 指定された駐車場所以外に駐車しないこと。

(11) ドローンフィールドを使用する時は、ドローンフィールド使用者登録証及びドローンフィールド使用許可書を携帯すること。

(その他の事項)

第18条 この要綱の施行について必要な事項は、経済部長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成28年11月1日から施行する。

(この要綱の失効)

2 この要綱は、平成31年3月31日限り、その効力を失う。

附 則

この要綱は、平成30年3月30日から施行する。

別図(第2条関係)

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ドローンフィールド管理運営要綱

平成28年11月1日 種別なし

(平成28年11月1日施行)