○ドローン展示会等出展費用補助金交付要綱

平成29年4月1日

(総則)

第1条 市内のICT分野の起業、新事業展開及び新たな産業集積を図ることを目的として、市内においてドローンに関連した事業者の技術開発等の企業間の連携を促進するため、ドローンに関連した展示会等への出展に係る経費に対する補助金の交付については、補助金等交付規則(昭和47年横須賀市規則第33号。以下「規則」という。)に定めがあるもののほか、この要綱の定めるところによる。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) ドローン 航空法(昭和27年法律第231号)第2条第22号に規定する無人航空機をいう。

(2) 展示会等 商談を目的とした商品、サービス、情報等を展示し、又は宣伝するための、ドローンに関連した見本市、展示会等をいう。

(補助対象者)

第3条 補助金の交付を受けることができる者は、次の各号のいずれにも該当するものとする。

(1) 市内に事業所を有する法人又は市内に住所を有する中小企業等協同組合法(昭和24年法律第181号)第3条第1号に規定する事業協同組合

(2) ドローンを活用した事業を行う者若しくは行う予定のある者又はドローンの開発の実証実験を行う者若しくはそれに準ずる行為を行う者

(3) 市税を滞納していない者

(4) 横須賀市暴力団排除条例(平成24年横須賀市条例第6号)第2条第2号に規定する暴力団及び当該者の役員が同条第3号に規定する暴力団員でない者

(補助対象経費)

第4条 補助の対象となる経費(以下「補助対象経費」という。)は、展示会等に出展するために必要な出展ブース料とする。

2 前項の規定にかかわらず、この要綱の規定による補助金と同様の趣旨の他の補助金等の交付(国、県その他団体によるものを含む。)を受けている場合は、補助対象経費からその額を除くものとする。

(補助金額)

第5条 補助金の額は、予算の範囲内において、前条に規定する補助対象経費に3分の2を乗じて得た額とし、30万円を限度とする。

2 前項の規定により算出した額に、1,000円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てる。

(交付申請)

第6条 規則第4条第3号に規定するその他参考となる書類は、次のとおりとする。

(1) 登記簿謄本又は履歴事項全部証明書

(2) 定款又は寄附行為の写し

(3) 見積書等の写し

(4) 第4条第2項に規定する補助金等の交付を受けている場合には、その交付の決定を証する書類の写し

(5) 市税に係る納税証明書又は市税に未納のないことの証明書

(6) 役員の氏名、氏名のふりがな、住所、生年月日及び性別を記載した書類

(7) その他市長が必要と認める書類

(実績報告)

第7条 規則第10条に規定する市長の定める書類は、次のとおりとする。

(1) 出展した展示会等の主催者が作成した交付申請者名が記載されたチラシ等

(2) 当該事業に係る領収書、契約書等の写し

(3) 出展したことが分かる写真

(その他の事項)

第8条 この要綱の施行について必要な事項は、経済部長が定める。

附 則

この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

ドローン展示会等出展費用補助金交付要綱

平成29年4月1日 種別なし

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第18類 綱/第14章 経済部/第2節 企業誘致・工業振興課
沿革情報
平成29年4月1日 種別なし