○横須賀市国民健康保険郵送型簡易検査事業実施要綱

平成29年7月1日

(総則)

第1条 横須賀市国民健康保険の被保険者が、郵便を利用し、自宅において血液検査の実施を依頼できる郵送型簡易検査の事業の実施については、サービス等提供規則(平成12年横須賀市規則第2号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、この要綱の定めるところによる。

(対象者)

第2条 郵送型簡易検査(以下「検査」という。)の対象となる者は、次の各号のいずれにも該当する者とする。

(1) 横須賀市国民健康保険の被保険者

(2) 検査を実施する年度において39歳に達する者

(本事業の委託)

第3条 本事業は、適切な事業運営が確保できると認められる者(以下「委託事業者」という。)に委託して行う。

(申請書等)

第4条 規則第4条に規定するサービス等提供申請書は、横須賀市国民健康保険郵送型簡易検査申請書(別記様式)による。

2 規則第5条第2項に規定する決定通知は、委託事業者からの郵送型簡易検査用自己採血キット(以下「キット」という。)の送付をもって代える。

(検査の実施)

第5条 市長が本事業を実施する場合は、次の手順によるものとする。

(1) 市長は、検査を希望する者(以下「利用者」という。)に対し、検査案内用リーフレットを送付するものとする。

(2) 利用者は、直接委託事業者に検査の申込みを行うものとする。

(3) 委託事業者は、前号の規定による申込みを受けた場合は、当該申込みを行った利用者に対し、キットを送付するものとする。

(4) 前号の規定によりキットの送付を受けた利用者は、当該キットを用いて自ら採血を行い、採血した検体を委託事業者に返送するものとする。

(5) 委託事業者は、前号の規定により検体の送付を受けた場合は、当該検体の血液検査を実施し、検査結果を前号の規定により検体を送付した利用者へ通知するものとする。

(自己負担金)

第6条 利用者は、検査の実施に係る費用の一部(以下「自己負担金」という。)を負担するものとする。

2 自己負担金の額は、キットの送付1回につき500円(当該キットの送付後において、利用者がこれを紛失し、又は検査を受けないこととした場合を含む。)とする。

3 前項の規定にかかわらず、利用者から返送された検体に不備があり当該検体を用いて血液検査を実施できないことを理由として新たなキットを再送付する場合には、当該再送付に係る自己負担金は、無料とする。

4 第1項の自己負担金は、利用者が直接委託事業者に支払うものとする。

(その他の事項)

第7条 この要綱の施行に関し必要な事項は、福祉部長が定める。

附 則

この要綱は、平成29年7月1日から施行する。

画像

横須賀市国民健康保険郵送型簡易検査事業実施要綱

平成29年7月1日 種別なし

(平成29年7月1日施行)

体系情報
第18類 綱/第9章 福祉部/第7節 健康保険課
沿革情報
平成29年7月1日 種別なし