ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文化財 > 横須賀市内の指定重要文化財等 > 横須賀市指定重要無形文化財・重要民俗文化財・史跡・天然記念物 > 磨崖仏(まがいぶつ)

更新日:2011年4月21日

ここから本文です。

磨崖仏(まがいぶつ)

磨崖仏

指定年月日:昭和40年(1965年)11月18日
西面している山腹の凝灰岩の岩肌二面に仏像が、他の一面に溝状のものが彫刻されている。
左端の面には直径20cmの円内に蓮華座に坐した仏像が線刻されたものが七箇横に並び、中央の面には高さ60cm程の来迎仏が線刻され、その面の右下には小さな納骨用と思われる穴が存在する。
右端の面には幅15cm、長さ280cmの溝状の彫り込みがあり、何か建築物と接していたものかと考えられる。
付近には川砂利の写経石が散乱し、鎌倉時代の仏教文化を物語る広い意味での磨崖仏として、三浦半島では、珍しい史跡である。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8484

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?