ホーム > 市政情報 > 入札・契約・検査 > 検査情報 > 中間状況調査、抜打状況調査

更新日:2015年7月7日

ここから本文です。

中間状況調査、抜打状況調査

公共工事の適正な施工体制、安全管理等の確保のため、中間状況調査および抜き打ち状況調査を実施しています。

中間状況調査

  • 対象工事
    1. 大規模工事・・・原則として、予定価格金額1億円以上の請負工事
    2. 重要構造物等工事・・・橋梁上部工(支間長5m以上)、橋梁下部工の杭基礎、トンネル、シールド、港湾施設のケーソン構造物、建築物の杭基礎等の工事で、完成検査時において出来形の確認が困難な工事
    3. その他、工事検査課長が必要と認める工事
  • 調査内容

中間状況調査チェックシートによる。

  • 調査時期

原則、工期の20から50%の範囲内で、市監督員を通じて連絡します。

 

抜き打ち状況調査

  • 対象工事

本市発注の請負工事のうち、任意に抽出した工事

  • 調査内容

抜き打ち状況調査チェックシートによる。

  • 調査時期

必要に応じ随時行い、市監督員及び請負者には通知しません。

<入札・契約・検査>に戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

財政部工事検査課

横須賀市小川町11番地 本館1号館5階<郵便物:「〒238-8550 工事検査課」で届きます>

電話番号:046-822-8113

ファクス:046-828-3839

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?