ホーム > 健康・福祉・教育 > 子育て > 各種事業 > 産後ケア事業

更新日:2022年6月1日

ここから本文です。

産後ケア事業

産後4か月までのお母さんと赤ちゃんが、市内の自宅や助産院などにおいて助産師による専門的な母子のケアを提供する「産後ケア事業」を利用することで、産後の体の回復やリフレッシュを図り、安心して子育てが楽しめるようにサポートします。

産後の体調を整え、育児の不安を解消するためにも、ぜひ、産後ケアをご利用ください。

1.利用できる方

  • 横須賀市に住所がある産後4カ月までのお母さんと赤ちゃん。
    例)4月1日生まれ→8月31日まで、7月22日生まれ→12月21日まで利用可能
  • 赤ちゃんが入院中の場合は、お母さんだけでもご利用できます。

下記の場合は、利用期間の延長ができる場合がありますのでご相談ください。

  • 早産(妊娠37週未満の出産)の場合、出産予定日から4カ月までご利用できます。
  • 早期入院(3週間以上の出産時からの病気等によるもの)の場合、退院日から4か月までご利用できます。

下記の場合は、利用できません。

  • 赤ちゃんだけのお預かり
  • お母さんと赤ちゃんやご家族に感染症状がある方、医療行為の必要な方。

他ご不明点があれば母子保健コーディネーターにご相談ください。

2.産後ケアの内容

産院等を退院後、施設において下記のメニューを利用しながら、母子の体調にあわせて、助産師によるケアを受けることができます。お産のための入院とは違います。

  • 母体ケア(乳房ケアなど)
  • お母さんの休養・リフレッシュ
  • 授乳相談
  • 沐浴の相談・指導
  • 赤ちゃんのケア(健康状態のチェック)
  • 育児相談など

3.産後ケアのメニュー及び利用上限

産後ケアメニュー
  メニュー 利用時間 利用上限回数
施設型 デイケア 10時~17時(昼食付) 7回
施設型 ナイトケア 20時~翌10時(朝食付) 7回
施設型 ショートステイ 10時~翌10時(3食付)

1泊を1回

として6回

訪問型 訪問

9時~16時の2時間まで

7回

各メニューを組み合わせて、最大14回まで利用できます。上限内であれば、組み合わせ方は自由です(例:10月1日10時~10月3日17時までの利用⇒ショートステイ2回+デイケア1回)。

利用上限を超えた場合は、施設独自の産褥入院または訪問授乳相談などの利用となり、全額自己負担です。利用料金は施設または訪問助産師にお問い合わせください。

4.1回あたりの利用料

各メニューあたりの利用料
メニュー 利用料(お母さんと赤ちゃん)

デイケア

4,500円

ナイトケア

6,500円

ショートステイ

9,500円

訪問型

4,000円

利用料は、施設や訪問助産師に直接お支払いください。

生活保護世帯、非課税世帯の方は利用料の減免があります(申請時点の最新の世帯の所得状況により決定します)。

  • 施設型産後ケア(デイケア・ナイトケア・ショートステイ)

利用の変更・中止の場合は、利用2日前の16時までに施設やこども健康課に直接ご連絡ください。これを過ぎて変更・中止した場合には、産後ケア事業を利用したとみなし、自己負担額が発生する場合があります。ご了承ください。

  • 訪問型産後ケア

利用日の変更のみで利用の中止はできません。

詳しくは担当までお問い合わせください。

5.持ち物

【施設型(デイケア・ナイトケア・ショートステイ)】

  • 横須賀市産後ケア事業利用決定通知書(申請後お渡しいたします)
  • 母子健康手帳
  • 健康保険証・小児医療証
  • 赤ちゃんのおむつ・おしりふき
  • ミルク・哺乳瓶(必要な方)
  • お母さんと赤ちゃん、それぞれの衣類。お母さんはゆっくり休める衣類をお持ちください。
  • フェイスタオル・バスタオル
  • 歯ブラシ・洗面道具
  • 母乳パッド(必要な方)
  • ティッシュ

施設の上記物品を利用される場合には、施設ごとの使用料が必要となります。

【訪問型】

  • 母子健康手帳
  • その他の準備物品など(訪問助産師が予約の連絡をする時にお伝えします。)

その他、必要と思われるものは各自ご準備ください。

利用できる施設型産後ケア施設や訪問型助産師

【施設型(デイケア・ナイトケア・ショートステイ)】

横須賀市立市民病院

〒240-0195長坂1-3-2(京浜急行バス「横須賀市民病院」からすぐ)

TEL:046-856-3136(内)9388

 

かもめ助産院(外部サイト)

〒239-0833ハイランド1-38-3(京浜久里浜駅バス中央公園下車徒歩4分)

TEL:046-854-4138

 

ぷくぷく助産院(外部サイト)(旧オハナハウス)

〒238-0043坂本町5-22(京浜急行バス「坂本バス停」から徒歩2分)

TEL:046-821-3063

 

横須賀市助産師会立産後ケアハウス燈(あかり)(外部サイト)令和4年6月7日開所(デイケアのみ)

〒238-0046西逸見町2-80(京浜急行線「逸見駅、JR「横須賀駅」利用可)

TEL:046-854-4138(かもめ助産院内横須賀市助産師会)

 

【訪問型】

横須賀市立市民病院

横須賀うわまち病院(外部サイト)

パクスレディースクリニック

かもめ助産院(外部サイト)

ぷくぷく助産院(外部サイト)(旧オハナハウス)

桶谷式母乳相談МAKANA

(出張専門助産師)

小川助産師(外部サイト)

他2人

 

 

利用のながれ

1.利用申し込み

所定の用紙で、利用の3日前までにまずはお電話でご相談・お申し込みください。

妊娠中にお申し込みを希望の方は、妊娠8カ月以降(妊娠28週以降)から受付いたします。

申請用紙は、こども家庭支援課および4健康福祉センターにあります(下記からダウンロードもできます)。

【申込先】こども家庭支援課(はぐくみかん5階)母子保健コーディネーターまで

産後ケア事業案内チラシ(PDF:3,609KB)

産後ケア事業利用申請書(PDF:602KB)

2.利用するケアについて相談・施設型産後ケアの施設見学(希望者のみ)

利用にあたっての不安や疑問に、母子保健コーディネーターが丁寧に対応いたします。ご希望の方は産後ケア事業の利用前に、母子保健コーディネーターと一緒に施設を見学することもできます。その際に利用料の一部を事前にお預かりする場合があります。

3.利用決定

申請書を審査し、利用施設・期間・メニュー・利用料などが決定したら、利用決定通知書を送付します。

4.産後ケア事業利用

横須賀市産後ケア事業利用決定通知書等、必要な持ち物を準備して産後ケア事業を利用します。

申し込み・相談先

民生局こども家庭支援センターこども家庭支援課

横須賀市小川町11番地はぐくみかん5階

電話番号:046-822-8933

ファクス番号:046-828-4556

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

民生局こども家庭支援センターこども家庭支援課

横須賀市小川町16番地はぐくみかん5階<郵便物:「〒238-8550 こども家庭支援課」で届きます>

内線:046-822-8933

ファクス:046-828-4556

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?