ホーム > 産業・まちづくり > 都市計画 > 都市計画課ホームページ > 市街化調整区域内の形態制限 > ルールの内容.2

更新日:2012年6月6日

ここから本文です。

ルールの内容.2

◆建物を建てる際のルール(形態制限の内容)◆

(2)形態制限の内容

 容積率、建ぺい率、道路・隣地斜線制限、日影規制を地区の区分に応じて下の表のように定めました。

 

 

-容積率・建ぺい率-

 

A地区-緑地保全地区や大規模公園であり、一番厳しい制限値とします。

B地区-「地区計画」に定められている制限値とします。

C地区-現在の許可条件等を継続して制限します。

地区の区分

A地区

B地区

C地区

容積率

50%

100%

80%

建ぺい率

30%

40%

40%

道路斜線

斜線勾配:1.25限度距離:20m

隣地斜線

斜線勾配:1.25基点高さ:20m

日影規制

対象建物:軒高7m超または地上3階建以上
・対象となる建物は、隣地に一定以上の日影を及ぼすことを制限されます。

HEAD 容積率
容積率は、建築物の各階の合計面積(延べ床の面積)の敷地面積に対する割合(通常「%」で表示します)のことをいいます。

HEAD 建ぺい率
建ぺい率は、建築面積(概ね1階の面積)の敷地面積に対する割合(通常「%」で表示します)のことをいいます。

HEAD斜線制限

HEAD道路斜線
前面道路の境界線からの勾配線を超える建物の建築を制限するためのルールです。HEAD隣地斜線
隣地境界線からの勾配線を超える建物の建築を制限するためのルールです。

HEAD日影規制
建物が隣地に及ぼす日影を制限するもので、対象とする建物、測定面や日影時間などを定めました。
1.日影規制の対象とする建物は、軒高7m超または地上3階建て以上の建物にします。

2.日影の測定面の高さは、地盤面から1.5mとします。

3.隣地に及ぼす日影の時間は、敷地境界線からの水平距離が5mを超え10m以内の範囲は3時間未満、隣地境界線からの水平距離が10mを超える範囲は2時間未満となります。

BACK  TOP  NEXT

お問い合わせ

都市部都市計画課

横須賀市小川町11番地 分館4階<郵便物:「〒238-8550 都市計画課」で届きます>

電話番号:046-822-8306

ファクス:046-826-0420

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?