ホーム > 産業・まちづくり > 都市計画 > 都市計画課ホームページ > 市街化調整区域内の形態制限

更新日:2015年12月15日

ここから本文です。

市街化調整区域内の形態制限

都市計画法では市街化調整区域は、市街化を抑制すべき区域と位置付けており、自然環境、農林漁業環境などと調和した土地利用を図る必要がある区域です。

横須賀市では平成12年5月に公布された改正建築基準法に基づき、市街化調整区域全域における建物の容積率、建ぺい率、高さなどのルールを定めました。
市街化調整区域の土地利用の実態と動向などを把握し、自然環境や地域の特性などに応じて、市街化調整区域で建物を建てる際のルールを定める制度です。

横須賀市では、市街化調整区域の土地利用規制や地域特性を考慮し、全体を3地区に区分して、建築基準法に基づき、建築物の容積率、建ぺい率、道路・隣地に関する斜線制限、中高層建築物の日影制限を平成16年4月1日から施行しています。

容積率、建ぺい率の制限

  • 緑地保全地区、第1種風致地区、中央公園墓地の区域:容積率50%以内、建ぺい率30%以内
  • 湘南国際村地区地区計画のうち住宅地区を除いた地区:容積率100%以内、建ぺい率40%以内
  • 上記以外の区域:容積率80%以内、建ぺい率40%以内

道路斜線制限

  • 斜線勾配1:1.25 限度距離20m

隣地斜線制限

  • 斜線勾配1:1.25 基点高さ20m

日影制限

  • 制限対象建築物:軒高が7mを超えるものまたは地上階数が3以上のもの
  • 測定する地盤面の高さ:1.5m
  • 隣地境界線からの水平距離が5mを超え10m以内の範囲内の日影時間:3時間未満
  • 隣地境界線からの水平距離が10mを超える範囲の日影時間:2時間未満

留意事項

市街化調整区域内の建築や開発行為に関することは、開発指導課にお問い合わせください。

 

 

 

お問い合わせ

都市部都市計画課

横須賀市小川町11番地 分館4階<郵便物:「〒238-8550 都市計画課」で届きます>

電話番号:046-822-8305

ファクス:046-826-0420

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?