ホーム > 産業・まちづくり > 都市計画 > まちなみ景観課ホームページ > 景観協議・景観法届出について

更新日:2019年6月18日

ここから本文です。

景観協議・景観法届出について

一般的な手続きの流れ

必要図書一覧と手続きの流れをまとめたPDFデータ(PDF:114KB)をご覧ください。

一般的に必要である手続き書類一式は、「手続き書類一式」(ZIP:163KB)からもダウンロードできます。

手続きの流れでは、景観協議終了後に景観法の届出の提出をお願いしておりますが、景観協議書提出時に景観法届出書も一緒に確認いたしますので、併せてご持参ください。

事前協議から届出までに要する期間

景観審議会の審議を要する建築行為等については通常概ね3~4ヶ月程度、それ以外の届出を要する物件については、通常概ね1~2ヶ月程度のお時間を要します。(協議内容が整わない場合はこの限りではありません。)

余裕を持った届出となるようにスケジュール調整をお願いいたします。

景観協議対象行為と必要図書

景観協議対象行為

 


1.地盤面から高さが10mを超える建築物

 

2.延べ面積が1000平方メートルを超える建築物

3.地盤面から高さが10mを超える準用工作物
→1~3の新築(新設)、増築、改築若しくは
移転、外観を変更することとなる修繕若しくは
模様替え又は色彩の変更
(色彩の変更には、塗装工事の全てが該当)

4.景観推進地区内で地区方針及び地区基準で
定める行為

5.市が工事費の一部又は全部を助成する建築行為等

 


 

 


6.面積が1ha以上の開発行為

 

 

必要図書A:(2部提出)

 


 

  • 景観協議書(第7号様式)
  • 計画概要書(第14号様式)
  • 景観チェックシート(基本指針)(色彩計画)
  • 案内図
  • 配置図
  • 平面図
  • 立面図(彩色されたもの)2面以上
  • 敷地及び周辺状況を示す写真

 

 


  • 景観協議書(第7号様式)
  • 計画概要書(第14号様式)
  • 景観チェックシート(基本指針)(色彩計画)
  • 案内図
  • 平面図
  • 設計図又は施工方法を示す図面
  • 敷地及び周辺の状況を示す写真
  • 上記行為のうち、景観審議会の意見を聴く行為は次のとおり
    景観審議会の意見が必要となる規模の建築行為等は、協議に3~4ヶ月程度の期間を有することがありますので、なるべく早い段階で相談をお願いいたします。

景観協議対象行為


7.地盤面からの高さが下表に定める高さを超える建築物及び準用工作物の行為

第1種・第2種低層住居専用地域、
市街化調整区域

10m
第1種・第2種中高層住居専用地域、
第1種・第2種住居地域、
準工業地域(準防火地域に限る)
15m
準工業地域(準防火地域を除く)、
工業地域
20m
近隣商業地域、商業地域、
工業専用地域
31m


8.延べ面積が5000㎡を超える建築物の建築

9.上記4.5.6の行為

必要図書A:(2部提出)


  • 景観協議書(第7号様式)
  • 計画概要書(第14号様式)
  • 景観チェックシート(基本指針)(色彩計画)
  • 案内図
  • 配置図
  • 平面図
  • 立面図(彩色されたもの)2面以上
  • 敷地及び周辺状況を示す写真
  • 断面図
  • 外構図(緑化図)
  • 景観シミュレーション図
    (周辺の街並みを含みます。)

 

 

景観法の届出行為と必要図書

景観協議対象行為


  • 景観協議対象行為全ての行為
  •  

必要図書B:(1部提出)


  • 景観計画区域内行為届出書(第13号様式)
  • 景観協議終了通知書の写し

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市部まちなみ景観課

横須賀市小川町11番地 分館3階<郵便物:「〒238-8550 まちなみ景観課」で届きます>

電話番号:046-822-8377

ファクス:046-826-0420

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?