ホーム > 産業・まちづくり > 都市計画 > まちなみ景観課ホームページ > 景観に関する手続きについて

更新日:2019年6月18日

ここから本文です。

景観に関する手続きについて

横須賀市では、景観をより良いものにするため、市域全域を景観計画区域とし、ルールを定めております。
そのため建築行為等を行う際には、規模に応じた手続きが必要になります。
また、特徴的な地域では高さや色彩について細やかなルールを別に定めているため、あわせてご確認ください。
簡潔にまとめたPDFデータは、「景観に関する手続きについて」(PDF:297KB)のとおりです。

建築行為等とは

  1. 建築物や工作物の新築、新設、増築、改築又は移転
  2. 建築物や工作物の外観を変更することとなる修繕又は模様替え
  3. 建築物や工作物の色彩の変更
  4. 開発行為
  5. 地区方針・地区基準に規定する植栽又は伐採

景観に関する手続きは大きく2つに分かれる

1.景観協議・景観法届出

主に規模が大きい建築行為等を行う場合、該当します。

対象行為:

  1. 地盤面からの高さが10mを超える建築物の建築行為等
  2. 延べ面積が1000㎡を超える建築物の建築行為等(敷地内の合計延べ床面積が1000㎡を超える場合)
  3. 地盤面からの高さが10mを超える工作物の建築行為等
  4. 景観推進地区内で地区方針及び地区基準で定める行為
  5. 市が工事費の一部又は全部を助成する建築行為等
  6. 面積が1ha以上の開発行為

詳細については、「景観協議・景観法届出」をご確認ください。

「景観協議・景観法届出」

2.色彩協議

主に規模の小さい建築行為等を行う場合、該当します。

対象行為:景観協議・景観法届出の対象行為以外のもので

  1. 建築物や工作物の新築、新設、増築、改又は移転
  2. 建築物や工作物の外観を変更することとなる修繕又は模様替え
  3. 建築物や工作物の色彩の変更

詳細については、「色彩協議」をご確認ください。

「色彩協議」

細やかなルールを定めている地域一覧

景観推進地区

地区方針に定めている色彩や樹木を変更する場合、景観協議・景観法届出が必要になる。

横須賀見晴らしの丘景観推進地区

位置:三春町5丁目の一部

眺望景観保全区域

山や海からの眺望を守るため、高さの最高限度定めている地域になります。
※眺望景観保全区域によることの手続きはございません。

中央公園眺望景観保全区域

くりはま花の国眺望景観保全区域

色彩景観形成地区

建築物等の色彩や配色を定めた独自の色彩基準を設けている地域になります。

マボリシーハイツ色彩景観形成地区

位置:大津町1丁目21番、馬堀海岸1~4丁目、馬堀町4丁目9番

小川町マンション群色彩景観形成地区

位置:小川町21番地、24番-4~5、25番-4~5、28番-1

横須賀ニュータウン湘南池上色彩景観形成地区

位置:池上7丁目の一部

景観まちづくりガイドライン・景観協定

横須賀中央エリアまちづくり景観協定

横須賀中央エリアまちづくりガイドラインは、近い将来大きく変貌していくであろう街の姿に思いをはせて、地域の方々が横須賀中央に必要な景観やまちづくりについて考えてきました。この街に必要なもの、受け継いでいきたいもの等を盛り込みガイドラインを作成しました。
※市が定めたものではなく、地域の方々が定めた紳士協定になります。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市部まちなみ景観課

横須賀市小川町11番地 分館3階<郵便物:「〒238-8550 まちなみ景観課」で届きます>

電話番号:046-822-8377

ファクス:046-826-0420

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?