ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文化財 > 横須賀市内の指定重要文化財等 > 横須賀市指定重要有形文化財(絵画・彫刻・工芸・考古資料等) > 向井将監正方夫妻墓碑(むかいしょうげんまさかたふさいぼひ)

更新日:2013年12月25日

ここから本文です。

向井将監正方夫妻墓碑(むかいしょうげんまさかたふさいぼひ)

向井将監正方夫妻墓碑

指定年月日:平成19年(2007年)3月12日

向井将監正方は幕府船手頭、御召船奉行、走水・三崎奉行などを歴任した江戸幕府の旗本で、市内の旧大津村など六カ村が正方の知行地である。

正方の妻は寛文10年(1670年)に没し、貞昌寺近くの山上に埋葬され、正方は延宝2年(1674年)に没し、妻と同所に埋葬された。

いずれの墓碑も笠付方柱形で二重基壇と台石が付き、輝石安山岩製である。基壇下端部からの総高は正方墓碑が372.5cm、室墓碑は333.3cm。いずれも笠石下面に墓誌銘文が刻まれ、室の塔身側面には如意輪観音像が陽刻されている。宅地造成工事のため近隣に移築復元した。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8484

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?