ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文化財 > 横須賀市内の指定重要文化財等 > 横須賀市指定重要有形文化財(絵画・彫刻・工芸・考古資料等) > 北条氏虎印判状(ほうじょうしとらいんぱんじょう)

更新日:2013年12月25日

ここから本文です。

北条氏虎印判状(ほうじょうしとらいんぱんじょう)

北条氏虎印判状

指定年月日:昭和54年(1979年)12月25日
天正15年(1587年)7月に戦国大名後北条氏は豊臣秀吉の東国遠征に備えて、臨時の農民兵力の動員体制を整えた。
それを示す資料が佐原に伝わるこの北条氏虎印判状である。
これは、いわば非常事態を宣言したようなもので、同内容・同日付の資料が三浦半島内や、その他の村にも残っている。

(内容)定め書

一、佐原郷(市内佐原)から、いくさの為に4名を選び、名を書き出しなさい。

一、武器は弓、槍、鉄砲なんでも得意なものを持って来なさい。ただし、槍は二間(3.6m)より短かいものはだめである。
有力者の家臣、商人、職人などの兵役を免除除外される15歳~70歳までの者の名を書き出しなさい。

一、籏手占拐(鎧のうしろにつける所属や任務をあらわす小旗)をつけて、武士らしく仕度をしてきなさい。

一、勇猛な者を残して、弱い者を選んで差し出すようなことがあれば聞き出し、罰として首を切る。

一、このいくさに、忠実に働いた者は武士・農民を問わずだれでも充分な褒美を与える

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8484

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?