ホーム > 健康・福祉・教育 > 福祉 > 障害者福祉 > 障害福祉のご案内 > 障害者福祉の手引き > 3.障害者手帳 > 療育手帳

更新日:2022年10月11日

ここから本文です。

療育手帳

対象

児童相談所または更生相談所(神奈川県の場合は、県立総合療育相談センター)において、知的障害があると判定された人

内容

障害の程度によってA1、A2、B1、B2の4つに区分されます。(都道府県等によって表記が違う場合があります)

窓口

障害福祉課

手続き

次のものを持って、障害福祉課窓口で申請してください。行政センターでは受付できません。

新規申請(初めて手帳を申請するとき)

  • 写真1枚(たて4cm×よこ3cmで、無背景、上半身、脱帽、最近6ヵ月以内に撮影したもの)
  • 個人番号(個人番号カードなど)

詳しくは「マイナンバーを利用する事務における本人確認について」をご覧ください。なお、法改正により令和2年5月25日から通知カードは廃止となりました。詳しくはこちら

※本人が18歳以上の場合、担当ケースワーカーによる本人の状態等の聞き取りが必要になります。

再判定を受けるとき

  • 写真1枚(たて4cm×よこ3cmで、無背景、上半身、脱帽、最近6ヵ月以内に撮影したもの)
  • 現在の療育手帳
  • 個人番号(個人番号カードなど)

詳しくは「マイナンバーを利用する事務における本人確認について」をご覧ください。なお、法改正により令和2年5月25日から通知カードは廃止となりました。詳しくはこちら

※本人が18歳以上の場合、担当ケースワーカーによる本人の状態等の聞き取りが必要になります。
「次の再判定年月」(有効期限)を過ぎた場合は療育手帳は無効となりますので、必ず手続きしてください。

紛失や破損のため、手帳の再交付を受けたいとき

  • 写真1枚(たて4cm×よこ3cmで、無背景、上半身、脱帽、最近6ヵ月以内に撮影したもの)
  • (手帳を紛失した場合)遺失物届の受理番号(※)がわかる書類
  • 個人番号(個人番号カードなど)

詳しくは「マイナンバーを利用する事務における本人確認について」をご覧ください。なお、法改正により令和2年5月25日から通知カードは廃止となりました。詳しくはこちら

※紛失のため療育手帳の再交付申請をする場合は、警察にて遺失物届の手続きを行ってください。

住所や氏名が変わったとき

  • 現在の療育手帳

※カード式の手帳をお持ちの方で氏名(保護者変更含む)が変わった方や、県外・横浜市・川崎市・相模原市から転入してきた方で、神奈川県の手帳につくりかえを希望する方は、以下のものもお持ちください。

  • 写真1枚(たて4cm×よこ3cmで、無背景、上半身、脱帽、最近6ヵ月以内に撮影したもの)
  • 個人番号(個人番号カードなど)

詳しくは「マイナンバーを利用する事務における本人確認について」をご覧ください。なお、法改正により令和2年5月25日から通知カードは廃止となりました。詳しくはこちら

手帳の返還を行うとき (手帳が不要になったときや無効になったとき、死亡したとき)

  •  現在の療育手帳
  • その他に必要なものがある場合がございますので、お問い合わせください

注意事項

  • 療育手帳の申請窓口は障害福祉課ですが、18歳未満の児童の場合は児童相談所、18歳以上の方は県立総合療育相談センターで別途知能指数等の判定を受けていただく必要があります。
  • 令和3年10月1日より、従来の紙形式の手帳に加えて、カード形式への選択が可能になりました。詳しくはこちら(外部サイト)。なお、カード形式の手帳を選択した場合、写真は白黒で表示されます。

関連リンク

お問い合わせ

民生局福祉こども部障害福祉課

横須賀市小川町11番地 分館1階<郵便物:「〒238-8550 障害福祉課」で届きます>

内線:046-822-8248

ファクス:046-825-6040

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?