ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 歴史・文化紹介 > オールディズinよこすか > 砲台山

更新日:2016年12月20日

ここから本文です。

砲台山

砲台山A
明治新政府は東京湾防衛のため深田台地に砲台を新設、米ヶ浜砲台として明治24年、第1、第2砲台が竣工、海堡と共に我が国防衛の拠点として、太平洋戦争終結まで秘密のベールに包まれていた。日露戦争で旅順攻略に手を焼いた日本軍は明治37年砲台山にあった28サンチ榴弾砲6門を取り外して現地に送り、旅順港内の敵艦隊を壊滅させ、奉天会戦を容易ならしめて、陸戦勝利原因となった。大正12年以降は演習砲台となった。Bと共に昭和4年ごろの写真。

砲台山A

 

砲台山B
中央公園に続く南方の大地にあった方の砲台。

砲台山B

 

砲台撤去跡
砲台撤去跡に残った弾薬庫。前掲の砲台山Aの写真の中で、右の方にその一部が見える。

砲台撤去跡

(画像の無断使用を禁止します)

お問い合わせ

文化スポーツ観光部文化振興課

横須賀市小川町11番地 本館3号館4階<郵便物:「〒238-8550 文化振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8116

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?