ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 歴史・文化紹介 > オールディズinよこすか > 戦争の時代

更新日:2016年12月20日

ここから本文です。

戦争の時代

港波止場正門
左右のドーム型屋根の建物は歩哨小屋で、右側に「軍港波止場」、左側に「逸見上陸場」の標識がついている。
門内の建物は衛兵所。軍港の玄関口ともいわれ、多くの海軍軍人の思い出の場所。
昭和5年の写真。平成元年には「逸見波止場衛門」として市民文化資産に指定されている。

軍港波止場正門


横須賀重砲兵連隊の兵舎
この連隊は明治24年11月に東京湾要塞砲兵第1連隊として設置され、その後編成替えなどを経て終戦まで存続されていた。日清・日露・太平洋戦争などに出兵した。毎年4月桜の開花時に一日だけ市民に開放されていた。戦後は六三制実施当初の施設として、手前の建物が坂本中学校、後ろの建物が不入斗中学校の校舎として転用された。
横須賀重砲兵連隊の兵舎

横須賀重砲兵連隊の正門
この写真で見る正門は最も古いもので、その後一部補修されて塀も煉瓦造りとなった。終戦後もそのまま残されて、永く昔をしのぶよすがとなっている。今は市民文化資産に指定されている。大正14年ごろの写真。

横須賀重砲兵連隊の正門

(画像の無断使用を禁止します)

お問い合わせ

文化スポーツ観光部文化振興課

横須賀市小川町11番地 本館3号館4階<郵便物:「〒238-8550 文化振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8116

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?