ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 歴史・文化紹介 > オールディズinよこすか > 往来の風景 横須賀中央駅前

更新日:2016年12月20日

ここから本文です。

往来の風景 横須賀中央駅前

中央駅前より大滝町方面を望む(昭和初期)
昭和8年ごろ中央駅前通りで、右は米が浜に至り、左は平坂、正面は若松、大滝、小川町方面で、東郷通り、一部を三笠通りと名付けられ、本市一番の繁華街となった。当時は両側建物も低く、バスも小型(ボンネット)だったので、道路も広々とした感じである。

中央駅前より大滝町方面を望む(昭和初期)

 

中央駅前
昭和30年ごろの中央駅前で、ロータリーを分けて右が米が浜、右手前が平坂、正面左へ若松、大滝、小川町の商店街である。正面の商店は大型の商業施設に変わっている。長い間見慣れ、親しまれてきたロータリーも交通量の変化に従って消えて行き、平成10年には、Yデッキが完成している。

中央駅前

(画像の無断使用を禁止します)

お問い合わせ

文化スポーツ観光部文化振興課

横須賀市小川町11番地 本館3号館4階<郵便物:「〒238-8550 文化振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8116

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?