ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 歴史・文化紹介 > オールディズinよこすか > 市庁舎の変遷

更新日:2016年12月20日

ここから本文です。

市庁舎の変遷

市制施行当時の横須賀市役所
この市役所は現在の緑が丘の諏訪大神社の前にあり、尋常第一横須賀小学校(現在の諏訪小学校)と隣接していた。
関東大震災で倒壊後、小川町の埋立地に移り、跡地には諏訪小学校の新校舎が増築された。
その後諏訪小学校も小川町に移り、跡地に海仁会病院が出来、戦後は聖ヨゼフ病院となった。
市制施行当時の横須賀市役所

 

 

二代目の市役所
関東大震災で倒壊した市庁舎は、各地に移転した後、昭和3年3月に現在地に起工され、3階建ての堂々たる庁舎が完成して、同年11月に開庁式が行なわれた。以後昭和60年に現在の新庁舎が建設されるまで50数年間市民に親しまれた。
右の白い建物は戦後増築された部分である。昭和31年の写真。

 

二代目の市役所 

(画像の無断使用を禁止します)

お問い合わせ

文化スポーツ観光部文化振興課

横須賀市小川町11番地 本館3号館4階<郵便物:「〒238-8550 文化振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8116

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?