ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 歴史・文化紹介 > オールディズinよこすか > 往来の風景 大滝町

更新日:2016年12月20日

ここから本文です。

往来の風景 大滝町

 

震災前の大滝町通り

大正11年ごろの大滝町通りの風景。左側の石造りの建物は当時の横須賀郵便局である。旭町から山王町、小川町、大滝町、若松町を経て平坂下に至る245間の商店街は震災の改修で幅12間に拡張、夜は大滝町、若松町に露店(夜店)がずらりと並び、繁華な中心地となった。

震災前の大滝町通り

 

 

東郷通り(平坂下方面を望む)

昭和初期の下町中心街。正面に龍本寺の山が見える。

東郷通り(平坂下方面を望む) 

 

 

東郷通り(小川町方面を望む)

同じく昭和初期の写真。反対側の情景である。昭和5年3月、日露戦争25周年記念の年に当たり、大滝町通りを東郷元師の名に因んで東郷通りと命名(現在の三笠通り)。昭和34年11月には三笠ビル商店街が新築完成した。

東郷通り(小川町方面を望む) 

 

 

戦後唯一のデパート、さいか屋

(大滝町での開店)
明治5年創業、大正6年横須賀で最初の百貨店形態をとった。関東大震災で総てが灰となったが、昭和3年大滝町に3階建ての店舗を新築し、翌年から「さいか屋」の商号を用いた。写真は当時の街の風景。

戦後唯一のデパート、さいか屋(大滝町での開店)

 

(画像の無断使用を禁止します)

お問い合わせ

文化スポーツ観光部文化振興課

横須賀市小川町11番地 本館3号館4階<郵便物:「〒238-8550 文化振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8116

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?