ホーム > 産業・まちづくり > まちづくり > 宅地開発 > 開発許可制度に関すること(都市計画法)

更新日:2021年12月10日

ここから本文です。

開発許可制度に関すること(都市計画法)

 開発行為とは

主として建築物の建築または特定工作物(都市計画法第4条第11項)の建設に供する目的で行う次の行為

  1. 区画を変更するもの
  2. 形を変更するもの
  3. 質を変更するもの(農地等宅地以外の土地を宅地とするもの)

開発行為の許可

市街化区域内で開発行為の規模が500m2以上となる場合は、あらかじめ国土交通省令で定めるところにより、市長の許可をうけなければなりません。

また、許可をうけるにあたり、造成工事を伴う場合はこちらを確認してください。(リンク先)

開発許可事務の流れ

  1. 特定建築等行為条例の手続き
    適正な土地利用の調整に関する条例の手続き
    都市計画法第32条同意協議
  2. 特定建築等行為条例の承認
    適正な土地利用の調整に関する条例の承認
    開発行為許可
  3. 工事着手届
  4. 中間施行状況報告書
  5. 工事完了届
  6. 工事完了検査
  7. 検査済証交付
  8. 工事完了公告
  • その後、建築工事が着手可能となります。

 

お問い合わせ

都市部開発指導課

横須賀市小川町11番地 分館4階<郵便物:「〒238-8550 開発指導課」で届きます>

電話番号:046-822-8316

ファクス:046-826-0420

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?