ホーム > 市政情報 > 横須賀市紹介 > 市の組織 > 教育委員会事務局教育総務部生涯学習課 > 生涯学習 > 講座・教室・講習の違い

更新日:2015年3月16日

ここから本文です。

講座・教室・講習の違い

組織的に行われる学習の形態には、講座、教室、講習、講演、セミナーなどがあります。

学級

  • 学習者の仲間づくりを基本とした学習活動で、比較的、少人数を対象に暮らしに直接関係したテーマで学びます。講義中心ではなく、運営に参加者も自発的に関わります。

講座

  • 教育内容の伝達とそれによる効果をあげることが主とされます。まとまった知識や技術、専門的なことを学ぶことに重点が置かれます。

教室・講習

  • 特定の知識、技術の習得が目的です。内容によっては、単発(1回)で実施することが可能です。

セミナー

  • 一般には、特定のテーマについて研究、発表、討論等を行いながら、知識や技術の習得を目的とした講習会の意味として使われています。大学では、教授などの指導者のもとで、学生が特定のテーマについて研究、発表、討論などを行う形態です。(ゼミナール・演習とも言います)

講演

  • 聴衆にあるテーマについて話をすることです。

研修

  • 知識を高め、技能を磨き、習熟するために行う学習です。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8483

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?