ホーム > くらし・環境 > 人権・男女共同参画 > 男女共同参画・ジェンダー平等

更新日:2022年11月16日

ここから本文です。

男女共同参画・ジェンダー平等

<<新着情報>>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う各種相談窓口について

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、生活不安やストレスにより配偶者からの暴力(DV)や児童虐待の増加が懸念されています。自宅で過ごす時間が増え、家族や親子関係、子育てなどに関して心配や悩みがある場合は、以下の相談窓口にご相談ください。

男女共同参画社会とは

誰もが、互いに人権を尊重し、喜びも責任も分かち合い、性別等にかかわりなく個性と能力を十分に発揮できる社会のことです。「男だから」「女だから」という固定化された意識や慣行にとらわれることなく、個人が自ら希望するライフスタイルを主体的に選べる社会を目指します。

国では、「男女共同参画社会」の実現を21世紀の最重要課題として取り組んでいます。

ジェンダー平等とは

「ジェンダー」とは、「社会的・文化的に形成された性別」のことです。人間には生まれついての生物学的性別があります。一方、社会通念や慣習の中には、社会によって作り上げられた「男性像」「女性像」があり、このような男性・女性の別を「社会的・文化的に形成された性別」(ジェンダー/gender)といいます。

「ジェンダー平等」とは、一人ひとりの人間が性別にかかわらず、平等に責任や権利や機会を分かちあい、あらゆる物事を一緒に決めることができることを意味しています。社会的・文化的に作られた性別(ジェンダー)を問い直し、ひとりひとりの人権を尊重しつつ責任を分かち合い、性別に関わりなく、その個性と能力を十分に発揮することができる社会を創るための取組が行われています。

「ジェンダーの平等と女性・女の子のエンパワーメント」は、持続可能な開発目標(SDGs)の重要なテーマとして「ゴール5」に掲げられています。

横須賀市の男女共同参画・ジェンダー平等

条例・プラン

5次横須賀市男女共同参画プラン

女共同参画に関する講座・講演会

ジェンダー平等実現のための広報紙『NewWave』

女共同参画及び多様な性を尊重する社会を推進する施設ュオよこすか

ュオルーム

性のための相談室

女共同参画及び多様な性の尊重に関する審議会

ュオよこすか専門部会(休止中)

女性の活躍推進

性別等による人権侵害の申出制度

男女共同参画週間(毎年6月23日から6月29日まで)

女共同参画に関するデータ

女共同参画に関するデータ

ンク集

お問い合わせ

市長室人権・ダイバーシティ推進課

横須賀市小川町11番地 本館2号館2階<郵便物:「〒238-8550 人権・ダイバーシティ推進課」で届きます>

内線:046-822-8228

ファクス:046-822-4500

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?