ホーム > くらし・環境 > 税金 > 税金について > 税の知識 > 横須賀市の市税の種類

更新日:2017年4月1日

ここから本文です。

横須賀市の市税の種類

横須賀市の市税には次のようなものがあります。税全般の種類については、「税の種類と分類」のページをご覧ください。

普通税

普通税とは、納められた税金の使いみちが特定されておらず、市のどのような事業の経費にも充てることのできる税金のことです。様々な行政サービスの費用に使われています。

市民税

  • 個人市民税
    市内に住所があり、前年に所得があった人に課税されます。≫説明のページ
  • 法人市民税
    市内に事務所、事業所または寮などがある法人(株式会社、有限会社など)が納める税です。≫説明のページ

固定資産税

土地・家屋・償却資産(総称して固定資産といいます)に対して課される税です。≫説明のページ

軽自動車税

原動機付自転車、2輪の小型自動車、軽自動車(2輪の軽自動車を含む)、小型特殊自動車の所有者に対してかかる税です。≫説明のページ

市たばこ税

たばこの製造業者や特定販売業者および卸売販売業者が、市内の小売販売業者に売り渡した「たばこ」に対して課される税です。≫説明のページ

目的税

目的税とは、法律により、その使いみちが特定されている税金のことです。

事業所税

事業所などにおいて行われる事業にかかる税です。道路・上下水道・公園・教育文化施設などの都市環境の整備及び改善のための事業に充てられます。≫説明のページ

都市計画税

都市計画法による都市計画区域のうち、原則として市街化区域内に所在する土地及び家屋にかかる税です。道路、下水道、公園の整備などの都市計画事業または土地区画整理事業に要する費用に充てられます。≫説明のページ

入湯税

地方税法に基づき市町村が鉱泉浴場(温泉を利用する浴場)へ入湯する人に課される税です。環境衛生施設や消防施設の整備、観光振興などに充てられます。≫説明のページ

 

お問い合わせ

税務部税制課 担当:税制総務係

横須賀市小川町11番地 本館1号館2階<郵便物:「〒238-8550 税制課」で届きます>

電話番号:046-822-8188

ファクス:046-827-8861

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?