ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文化財 > 横須賀市内の指定重要文化財等 > 神奈川県指定重要文化財等 > 横須賀市吉井貝塚から出土した縄文時代早期の骨角牙器・貝製品

更新日:2010年11月1日

ここから本文です。

横須賀市吉井貝塚から出土した縄文時代早期の骨角牙器・貝製品

横須賀市吉井貝塚から出土した縄文時代早期の骨角牙器・貝製品

指定年月日:平成14年(2002年)2月12日
吉井貝塚は第1貝塚・第2貝塚の2地点からなり、ともに上下2層の貝層が堆積し、縄文時代早期~後期初頭の遺物が層位的に出土した。
第1貝塚の下部貝層は、マガキを主体にイガイ・スガイ等から構成され、土器・石器とともに釣針・刺突具・箆・針など多種・多量の骨角牙器・貝製品が出土した。
特に、漁撈具は充実しており、器種や大きさの分化、また、組合式の多頭銛やヤスと考えられるペン先形骨角器、組合式釣針などの存在は、縄文時代早期後半の漁撈具の多様性を示し、この時期の生産活動を把握する上で貴重な資料である。
一方、第2貝塚の下部貝層は、やはりマガキを主体にハイガイ・アカニシ等から構成され、髪針や垂飾・小玉など貝製品を中心とした多種の装身具が出土し、第1貝塚で出土した生産用具に加え、縄文時代早期の精神生活を示す資料が補完された。
このように、吉井貝塚下部貝層出土の骨角牙器・貝製品は、縄文時代早期としては全国屈指の豊富な資料で、この時期の生産活動・精神生活を解明する上で貴重である。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8484

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?