ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文化財 > 横須賀市内の指定重要文化財等 > 神奈川県指定重要文化財等 > 横須賀市鴨居の漁撈用具コレクション

更新日:2010年11月1日

ここから本文です。

横須賀市鴨居の漁撈用具コレクション

鴨居の漁撈用具コレクション

指定年月日:昭和46年(1971年)9月17日
鴨居の漁労具の特色は、釣漁労具で釣鈎及びその製造用具をはじめ、餌取用具や餌撒用具、ならびに釣糸製造のための糸車やテスリツム、さらに蛸釣道具など主として生産生業に用いられるもののコレクションである。
鴨居は東京湾に面した漁村で、江戸時代より沿岸漁業の村として典型的な歴史を持ち、鯛、すずき、いか、たこ等の漁労が中心であった。
特にいわゆる「江戸前の鯛」の名産地で、鯛釣漁業には伝統的に独特の技術を有し、幕府の御立浦・墨引浦として献上鯛・献上鮑を供給したという。
これら鴨居の漁業やその技術のあゆみを通して、我が国における漁労技術の伝統や足跡をさぐる貴重な資料である。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8484

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?