ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文化財 > 横須賀市内の指定重要文化財等 > 神奈川県指定重要文化財等 > 叶神社の社叢林(かのうじんじゃのしゃそうりん)

更新日:2010年11月1日

ここから本文です。

叶神社の社叢林(かのうじんじゃのしゃそうりん)

叶神社の社叢林

指定年月日:昭和51年(1976年)12月17日
浦賀湾の東岸丘陵の突端斜面に位置する叶神社の社叢林は、標高53mの山頂まで常緑広葉樹林で、山頂部付近はスダジイ林で占められ、斜面部はタブノキ林(イノデ-タブ群集)で被われている。
高木層は、樹高20~22mのタブノキが優先しており、亜高木層はヤブツバキ、イヌビワ、モチノキが生育している。
低木層には、トベラ、アオキ、シロダモ、ヤツデ、ヤブニッケイ、オオバグミ、ムラサキシキブなどが見られる。
林床の草本層の出現種数も多く、キズタ、ヤブラン、ビナンカズラ、イノデ、ベニシダ、テイカカズラ、オオバノイノモトソウ、キチジョウソウ、ツワブキなどが生育している。
また、叶神社の裏山一帯は浦賀城跡といわれており歴史的にも貴重なところである。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8484

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?