ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文化財 > 横須賀市内の指定重要文化財等 > 横須賀市指定重要無形文化財・重要民俗文化財・史跡・天然記念物 > かろうと山古墳及び周辺地域(かろうとやまこふんおよびしゅうへんちいき)

更新日:2011年4月21日

ここから本文です。

かろうと山古墳及び周辺地域(かろうとやまこふんおよびしゅうへんちいき)

かろうと山古墳及び周辺地域

指定年月日:平成20年(2008年)3月10日

径14×13m、高さ3mの楕円形状の円墳である。主体部は2.5×1.0mの切石組箱式石棺で、県内屈指の規模である。築造時期は7世紀中葉で、三浦半島最後の古墳。

度重なる盗掘にもあったが、昭和27年(1952年)に赤星直忠博士が出土し、全国的に見ても希少な金銅製副葬品が出土した。

横須賀リサーチパーク建設に伴い、主体部を養生した上で盛土し、現状保存している。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8484

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?