ホーム > 健康・福祉・教育 > 健康・医療 > 在宅療養連携推進

更新日:2022年5月11日

ここから本文です。

在宅医療と介護の連携推進

高齢化の進展により、介護保険を利用する人や病院に入院する人、そして死亡する人の数が増えることが見込まれます。また、病院の受け入れに限りがあることや、多くの市民が自宅での療養を希望していることから、将来の医療や介護の需要を適切に受け止める必要があります。

横須賀市では、医療と介護の両方を必要とする状態の高齢者が、住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、在宅医療と介護を一体的に提供するために、医療機関と介護事業所等の関係者(多職種)との協働・連携を推進することを目的とした体制づくりを進めています。

市民のみなさまへ

在宅療養を支える医療・介護の専門職(多職種)のみなさまへ

(1)多職種連携のための会議

(2)多職種連携のための研修会

(3)情報共有ツール

お問い合わせ

民生局福祉こども部地域福祉課 担当:地域包括ケア担当

横須賀市小川町11番地 消防局庁舎1階<郵便物:「〒238-8550 地域福祉課」で届きます>

内線:046-822-4332

ファクス:046-827-8158

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?