閉じる

総合案内 > くらし・手続き > 生活衛生 > 動物衛生・ペット > 小動物火葬事業について

更新日:2024年6月27日

ページID:74421

ここから本文です。

小動物火葬事業について

小動物火葬施設の焼却炉の耐用年数が近づいてきたことから、今後の小動物火葬事業について見直しを行いました。
県内市の状況や民間の火葬事業者の状況から、愛玩動物(ペット)が死亡した場合、飼い主の方が民間の火葬事業者に依頼していただくよう事業の運用変更する旨を令和元年9月定例議会生活環境常任委員会において提案いたしました。
運用変更の理由の一つとして、「小動物火葬施設は地元からの要望で更新できない」としていましたが、地元でも小動物火葬施設の継続を望む声があり、令和元年12月定例議会において提出する予定であった「火葬・返骨手数料の廃止」を取り下げました。
改めて、焼却炉の継続使用について検討したところメーカーから「経年劣化は見られるが、毎年の定期点検の中で耐火物の劣化が著しくなった段階で耐火物を交換してどうか」という提案がありました。
今後は、炉内の耐火物の部分補修を行いながら、耐火物の劣化が著しいという結果が定期点検で出た段階で延命工事(工事による延命期間は10年程度)を行い、小動物火葬事業を継続していくこととし令和2年9月定例議会に報告しました。

小動物火葬施設について

(1)公郷町1丁目における焼却施設などの稼働経過

ア.公郷焼却場(ごみの焼却施設)

  • 現在の小動物火葬施設敷地内に昭和9年(1934年)に建設された。
  • 昭和58年(1983年)休止(約49年間、ごみの焼却を行っていました。)

イ.小動物火葬施設

  • 昭和37年(1962年)建設
  • 平成18年(2006年)焼却炉の更新

(2)現在の小動物火葬施設の状況

焼却炉・事務室・駐車場・犬猫供養碑から成ってます。

施設外観1
sisetu1

施設外観2
sisetu2

 

犬猫供養碑

犬猫供養碑

tizu

施設の位置図

(3)小動物火葬施設の定期点検の結果
 令和5年度に実施しましたメーカーによる小動物焼却炉点検業務委託では、延命工事が必要となるような耐火
 物等の著しい劣化の報告はありませんでした。

 

火葬された焼骨の流れ

ア.愛玩動物(ペット)返骨あり

  •  「受付」⇒「火葬」(1週間お預かり)⇒「返骨」(依頼者が引き取る)

イ.愛玩動物(ペット)返骨なし

  • 「受付」⇒「火葬」(1週間お預かり)⇒「灰の一部を犬猫供養碑で保管」
    ※犬猫供養碑に保管した灰は、保管量に限度があるため、順次適切に処分させていただきます。

小動物火葬事業の業務内容

ア.収集運搬(令和4年度実績)

  • 収集日数 年間359日(1月1日から1月3日を除く日)

イ.火葬業務(令和4年度実績)

  • 作業日数 年間312日(日曜日、1月1日から1月3日を除く日) 

ウ.処理体数

 

平成30年度

令和元年度 令和2年度 令和3年度

令和4年度

愛玩動物(ペット)

2,873体

2,756体

2,596体

2,431体

2,506体

へい死獣

1,898体

3,245体

1,762体

1,831体

1,744体

有害鳥獣

4,462体

3,066体

5,200体

2,982体

2,482体

収容動物

29体

29体

21体

21体

19体

※へい死獣・・・道路などでひかれて死亡した動物など

 収容動物・・・動物愛護センターで保護または、引き取った犬猫など

 エ.運営経費(過去5年間)

平成30年度

令和元年度 令和2年度 令和3年度

令和4年度

47,938,395円 49,130,754円 49,470,901円 55,964,050円 54,864,725円

 

オ.手数料

項目 区分 手数料
火葬手数料(1体) 5kg未満(猫など) 2,100円
5kg以上10kg未満(小型犬など) 3,150円
10kg以上20kg未満(中型犬など) 4,200円
20kg以上(大型犬など) 5,250円
収集手数料 1体 3,060円
返骨手数料 1体 2,040円

 ※令和元年10月の消費税率改定にともない、令和2年4月1日から小動物火葬等手数料を改定しました。

 

カ.手数料納入状況

 

平成30年度 令和元年度 令和2年度

令和3年度

令和4年度

申込件数

()内は返骨件数

2,991件(1,664件)

2,868件

(1,621件)

2,748件

(1,534件)

2,606件

(1,435件)

2,506件

(1,360件)

納入件数 2,846件 2,708件 2,620件 2,502件 2,288件
未納件数 145件 160件 128件 104件 168件
納入額 11,844,570円 11,110,650円 11,127,690円 10,422,180円  9,510,240円
未納額  582,660円  688,460円  570,060円  440,880円  665,160円

小動物火葬施設について、これまで市に届いた地元からの要望

(1)平成17年10月

  •  小動物焼却炉更新に伴う説明会の席上において「できるだけ早く他の場所に移してほしい。」との要望があった。

(2)平成21年11月

  • 既存焼却炉及び小動物火葬施設の今後のあり方を説明した席上において、小動物火葬施設の更新時移設の要望があり、「更新時に建設場所を含め検討して参りたい」と文章で回答。

(3)令和元年9月

  • 地元でも継続を望む声があり、令和元年12月定例議会に提出する予定であった「火葬・返骨手数料の廃止」を決定する条例改正案を取り下げました。

県内19市の愛玩動物(ペット)の火葬状況

  • 愛玩動物(ペット)を受け入れている(13市)
  • 市の動物専用炉で受け入れている(6市)
  • 焼骨を返骨している(4市)

 

本市を対象としている民間の火葬事業者の状況

合同火葬を行っている事業者

  • 事業者数:3社
  • 料金体系:8,800円から44,000円
  • その他、サービス内容:埋葬、引き取り

個別火葬を行っている事業者

  • 事業者数:8社
  • 料金体系:11,000円から61,000円
  • その他、サービス内容:火葬車、火葬施設、仲介業、個別火葬、骨壺、骨袋、位牌

お問い合わせ

環境部廃棄物対策課

横須賀市小川町11番地 分館5階<郵便物:「〒238-8550 廃棄物対策課」で届きます>

内線:046-822-8469

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?