ホーム > くらし・環境 > 安全・安心 > 横須賀市消防局のホームページ(トップページ) > 救急・救命 > 救急車の適正な利用にご協力を(救急要請件数が過去最多に)

更新日:2019年1月25日

ここから本文です。

救急車の適正な利用にご協力を(救急要請件数が過去最多に)

救急要請の現状

平成30年中の救急出動件数は27,865件(横須賀市24,777件、三浦市3,088件)で、昨年(平成29年)と比較すると909件(横須賀市883件、三浦市26件)増加し過去最多となりました。

また、今年に入りさらに救急出動件数は増加しているため、消防局では非常用の救急車を編成し対応している状況です。

救急出動件数の増加は、出動から現場に到着するまでの延伸につながり、ひいては救命効果の低下を招き「救える命が救えなくなる」可能性があります。

「心肺停止など重篤な症状の場合は、ためらわずに119番通報」していただきたいのですが、救急車で搬送するほど緊急性がないような場合は、自家用車、タクシーまたは患者等搬送事業者をご利用ください。

病院への搬送手段にお困りな時は

消防局では、福祉タクシーなどの患者等搬送事業者の中で一定の要件(応急手当や必要資器材の積載など)を満たした事業者を認定している事業を行っています。病院への通院・入退院時など搬送(交通)手段にお困りな場合は、患者等搬送事業者をご利用ください。

横須賀市消防局認定事業者

お子さんの体調に関するご相談

夜間、お子さんの体調のことで判断に迷うことはありませんか。

家庭でどのように対処すれば良いか、すぐに医療機関にかかる必要があるかなどについて、電話で相談に応じます。

神奈川県の「かながわ小児救急ダイヤル」(毎日18時から24時まで)

#8000番または045-722-8000

かながわ小児救急ダイヤル(外部サイト)

救急車を呼ぶべき症状等の判定支援ツール

急な病気やケガをしたとき、救急車を呼ぶか、自分で病院へ行くか判断に悩んだとき、該当する症状を画面上で選択してくと、緊急度の応じた必要な対応が表示されます。

全国版救急受診アプリ(愛称「Q助」)(外部サイト)

予防救急のご案内

ケガなどにより救急車で搬送される方の多くは、家庭内で「ころぶ・滑る・つまづく」ことで「頭を打った・切った」「足を骨折」しています。消防局では、事故やケガを未然に防ぐ取り組み「予防救急」を推進しています。

予防救急について

お問い合わせ

消防局救急課

横須賀市小川町11番地 消防局庁舎3階<郵便物:「〒238-8550 救急課」で届きます>

電話番号:046-821-6473

ファクス:046-823-8406

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?