ホーム > 健康・福祉・教育 > 健康・医療 > 市民健診・がん検診 > がん検診の利益・不利益

更新日:2022年4月1日

ここから本文です。

がん検診の利益・不利益

がん検診の目的は、無症状のうちにがんを早期に発見し、適切な治療を行い、がんによる死亡を減少させることです。
すべてのがん検診には、メリットとデメリットがあります。
がん検診のメリットとデメリットを正しく理解し、正しい知識を持ってがん検診を受診しましょう。

  • 利益(メリット)

・検診受診後のがんの早期発見・早期治療による死亡率減少効果があること
・早期に発見できるために侵襲の軽度な治療で済むこと
・がん検診で「異常なし」と判定された場合に安心感を得られること 等

  • 不利益(デメリット)

・偽陰性(1)、偽陽性(2)(また、その判定結果を受けて不安を生じることや、結果として不必要な精密検査を受ける場合があること。)、過剰診断(3)、偶発症 等

(1)がんがあるにもかかわらず、検診でがんの疑いがあると判定されないこと
(2)がんがないにもかかわらず、がんがあるかもしれないと診断されること
(3)がん検診で発見されるがんの中には、本来そのがんが進展して死亡に至るという経路を取らない、生命予後に関係のないものが発見される場合があること

お問い合わせ

民生局健康部健康管理支援課 担当:市民健診担当

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-822-4307

ファクス:046-845-6871

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?