ホーム > くらし・環境 > 税金 > 市民税 > 個人の市民税 > 個人の市民税の計算

更新日:2018年7月25日

ここから本文です。

個人の市民税の計算

課税方法

次の課税方法の違いにより税額の計算のしかたが異なります。

総合課税

各種の所得を合算して税額を計算する制度です。税額の計算は、この総合課税が原則です。

分離課税

特定の所得について、他の所得と分離して、それぞれの所得ごとに税額を計算する制度です。

分離課税の特別徴収について

利子所得、配当所得、株式の譲渡所得、退職所得を受取るときに一定の税額が特別徴収される場合があります。この場合、その特定の所得については納税が完結し、申告を要しません。申告の対象にならない(申告できない)場合と、申告するかしないかを選択できる場合があります。

申告をしない場合、その所得は下記「(2)税額の計算」に含まれないだけでなく、非課税限度額、合計所得金額、総所得金額等などの所得要件の計算にも一切含まれません。

税額の計算

均等割額

均等割額は定額です。金額は以下のとおりです。

市民税・県民税の均等割税額

  均等割の税額
市民税 3,500円
県民税 1,800円

 

地方財確法の施行にともない、平成26年度から平成35年度の間、個人の市県民税の均等割が引き上げられています。

また、神奈川県では平成19年度から個人県民税の超過課税を行っています。

所得割額

所得割額は一般に次の手順により計算した額になります。

  1. 課税所得金額の計算
    • 前年中の所得金額の合計-所得控除額の合計=課税所得金額(1,000円未満切捨)
  2. 算出所得割額の計算
    • 市民税課税所得金額×6%=算出所得割額
    • 県民税課税所得金額×4.025%=算出所得割額
  3. 所得割額の計算
    • 市民税算出所得割額-税額控除額=所得割額(100円未満切捨)
    • 県民税算出所得割額-税額控除額=所得割額(100円未満切捨)

年税額の計算

年税額は均等割額と所得割額の合計です。

  • 年税額=市民税均等割額+市民税所得割額+県民税均等割額+県民税所得割額

 


神奈川県では、平成19年度から個人県民税で均等割300円、所得割0.025%の超過課税(水源環境税)を実施しています。

お問い合わせ

税務部市民税課 担当:個人市民税

横須賀市小川町11番地 本館1号館2階<郵便物:「〒238-8550 市民税課」で届きます>

電話番号:046-822-8192

ファクス:046-822-7385

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?