ホーム > くらし・環境 > 安全・安心 > 災害・防災 > 災害が発生する前に(自助) > 自然災害の基礎知識と備え > 耐震診断・耐震化と家具の転倒防止対策

更新日:2020年3月6日

ここから本文です。

 

耐震診断・耐震化と家具の転倒防止対策

自宅の耐震診断・耐震化

阪神淡路大震災では、昭和56年6月の建築基準法改正以前の建物に大きな被害が発生しました。
旧耐震基準により建築された建物については、自らの生命・財産を守るという意識のもとに、耐震診断及び耐震改修に取組むことが大切です。

家具等の転倒防止対策

  • 家具等の転倒によって、家具の下敷になったり、ドアの開閉ができなくなったりします。
    被害を避けるためには、家具等の配置を工夫することで、わが家の安全を確保することができます。
  • 寝室や幼児・高齢者等がいる部屋には、なるべく家具を置かないようにしましょう。置く場合でも頭の位置に家具が倒れてこない配置をしましょう。
    また、家具以外にも、掛け時計、高い所に置いてある荷物などが、落ちてくることがあります。物が落ちてこない配置を考えましょう。
  • ホームセンター等では、家具や家電製品を固定する道具が多数販売されているので、家具転倒防止対策を実施しましょう。
    また、食器棚や窓にはガラス飛散防止対策も忘れずに実施しましょう。

地震による家具の転倒を防ぐには(外部サイト)
消防庁ホームページの家具転倒防止対策です。

家具転倒防止1家具転倒防止対策

<ページの先頭へ戻る>

 

お問い合わせ

市長室危機管理課

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 危機管理課」で届きます>

内線:046-822-8357

ファクス:046-827-3151

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?