ホーム > 健康・福祉・教育 > 健康・医療 > 健康づくり推進 > 喫煙の害

更新日:2017年2月1日

ここから本文です。

喫煙の害

喫煙は、まさに「百害あって一利なし!」。喫煙の害から目をそらさないでください。あなたのことを心配してくれている人たちのためにも禁煙にトライしてみませんか?

たばこの害とは

たばこの危険性は煙に隠されています。

たばこが身体に悪いことは多くの人が既に知っていると思います。しかし、身体に悪いと言っても、具体的な病名はあまり知られていないようです。

実際には、喫煙をすると動脈硬化が進み心筋梗塞などの虚血性心疾患や脳卒中などにかかりやすくなります。がんについても、肺がんだけではなく胃がん、大腸がん、喉頭がんなど様々ながんのリスクを高めます。また、糖尿病や不妊、低出生体重児などにも影響を与えることも知られています。

たばこの煙には、分かっているだけで約4,000種類の化学物質が含まれ、そのうち約200種類がニコチンや一酸化炭素、タール等の有害物質であると言われています。これらの有害物質は多くの生活習慣病や気管支炎、肺気腫などの呼吸器疾患を引き起こします。

 

ニコチン 心拍数の増加や血圧の上昇、末梢血管の収縮を引き起こす。依存性が高く、たばこをやめられない原因物質。
一酸化炭素 酸素の運搬機能を妨げ、身体を酸素不足にする。
タール 「やに」の原因物質。発がん性物質が多く含まれている。

禁煙マーク

また、たばこには発がん性物質が70種類以上も含まれています!

 

たばこの影響

ストレスがさらに増える

たばこを吸うことがストレス解消になっているように見えますが、禁煙することによってストレスが減ることが分かっています。喫煙はニコチンを補給してイライラを一時的に抑えているだけなのです。

老けてみえる

皮膚が黒ずんだり、皮下のコラーゲンが壊れてしわが増え、乾燥肌にもなりやすくなります。

たばこ代がかかる

1箱400円のたばこを1日1箱吸っているとすると、1か月で12,000円、1年で約14万4千円もかかります。

病気になって医療費がかかる

喫煙はメタボや糖尿病などにもなりやすくします。

家族も道連れにする

換気扇の下などで吸うように配慮しても受動喫煙は完全に防ぐことができません。また、親が喫煙している子どもは、親が喫煙していない場合と比べて2~3倍喫煙しやすくなるといわれています。

 

(参考)厚生労働省禁煙支援マニュアル(第二版)

たばこをやめにくくする2つの依存

ニコチンに対する身体的依存

体内のニコチンが少なくなると、イライラ、落ち着かない、集中困難などが出現します。イライラなどを抑えるために、たばこを吸ってニコチンを体内に取り込むという悪循環が起こります。

卒煙すると体内にニコチンが入ってこないため、離脱症状(無性にたばこが吸いたくなる、イライラ、不安、落ち着かない、頭痛、食欲亢進など)が出現します。離脱症状を抑えて禁煙しやすくするためには禁煙補助剤を使用することが有効です。離脱症状は、卒煙を始めてから2~3日が最も強く、1週間程度で消失してきます。症状が長い人でも2~3週間で消失します。

喫煙習慣による心理的依存

たばこへの愛着、目覚めの一服や食後の一服など、習慣になっているものをいいます。口寂しいから…とたばこを1本吸うたびに自分の身体が痛めつけられていることを想像しましょう。たばこを吸う代わりに、水を飲んだり、身体を動かしたりしてみましょう。

お問い合わせ

健康部保健所健康づくり課

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-822-4537

ファクス:046-822-4375

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?