ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文学碑 > 吉野秀雄歌碑

更新日:2017年2月20日

ここから本文です。

吉野秀雄歌碑

碑文

この島を北限とせる浜木綿の
身を寄せ合ふがごとき茂りよ
草質(くさだち)といへど逞し浜おもと
佐島の磯にいのち根づきし

  昭和29年(1954)7月の下旬に、吉野秀雄は横須賀に住む知人から「佐島のハマユウが咲き出したらしい」との連絡を受けて、天神島を訪れました。その日、彼は鎌倉の家から逗子に出て、芦名行きの臨時バスに乗っていました。初めは満員であった客も、森戸・一色・長者ヶ崎や久留和(くるわ)・秋谷などの海水浴場でだんだんに減り、終点の芦名で降りたのは、彼ただ一人といわれます。碑の歌は、この時に詠まれたもので、昭和33年(1958)10月に『寒蝉集』(かんせんしゅう)と新編『晴陰集』を収録して出版された『吉野秀雄歌集』に収められています。
  吉野秀雄は明治35年(1902)7月に群馬県高崎市で生まれました。大正11年(1922)慶応義塾大学経済学部に進みますが、同13年(1924)喀血して帰郷、長年にわたる療養生活がここに始まりました。そしてこのころから、正岡子規・伊藤左千夫以下のアララギ派歌人の歌集を読み、作歌を志すなど、国文学を独修することになりました。昭和6年(1931)鎌倉に転居し、同8年(1933)にはかねてから私淑していた会津八一に初めて会いました。彼は生涯病気と闘いながらも、自らの信念に基づいて作歌を続け、ついには独自の作風を打ち立てました。
  歌集は前記のほかに『天井凝視』『苔径集』『早梅集』、没後出版の『含紅集』があり、他には歌論集『短歌とは何か』、随筆集『やはらかな心』などの著述もあります。同42年(1967)7月に逝去(享年65歳)。

交通:JR横須賀駅~大楠芦名口間バス(佐島入口下車・乗換)佐島入口~佐島マリーナ
        入口間バス、またはJR逗子駅~佐島マリーナ入口間バス、佐島マリーナ入口下車・徒歩5分
吉野秀雄

お問い合わせ

文化スポーツ観光部文化振興課

横須賀市小川町11番地 本館3号館4階<郵便物:「〒238-8550 文化振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8116

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?