ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの市民文化資産 > 旧横須賀重砲兵連隊営門

更新日:2017年2月20日

ここから本文です。

旧横須賀重砲兵連隊営門

  横須賀重砲兵連隊は、明治23年(1890)に要塞(ようさい)砲兵第一連隊として設置されました。
  現在残る門は連隊の正門で、明治40年(1907)10月26日に竣工しました。これに連なって残る約16mの塀は、明治24年(1891)に出来上がったものと推定されます。門柱は58cm角で、高さは3.24m、塀の高さは1.8m。
  横須賀に残る数少ない明治建造物で、現在は桜小学校、坂本中学校の門として使用されています。
  (JR横須賀駅~(汐入経由)~JR衣笠駅間バス、坂本坂上下車・徒歩3分)

旧横須賀重砲兵連隊営門

お問い合わせ

文化スポーツ観光部文化振興課

横須賀市小川町11番地 本館3号館4階<郵便物:「〒238-8550 文化振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8116

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?