ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの市民文化資産 > 明治憲法起草地記念碑

更新日:2017年2月20日

ここから本文です。

明治憲法起草地記念碑

伊藤博文らが明治憲法の起草をした夏島の別荘跡地に、大正15年(1926)11月、草案に加わった伊東巳代治、金子堅太郎らが発起人となり建立されました。昭和50年(1975)4月に200m離れた現在地に移されました。

碑の基石は、明治憲法全76条を示す76個の御影(みかげ)石からなり、縦横22尺2寸1分1厘(約6.7m)の大きさは、憲法発布の日、明治22年(1889)2月11日を表しています。
(追浜駅~夏島または住友重機械間バス、夏島下車・徒歩5分)

明治憲法起草地記念碑

お問い合わせ

文化スポーツ観光部文化振興課

横須賀市小川町11番地 本館3号館4階<郵便物:「〒238-8550 文化振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8116

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?