ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文学碑 > 石田波郷句碑

更新日:2017年2月20日

ここから本文です。

石田波郷句碑

碑文

緑さす細田  掻きをり  一騎塚

  昭和31年(1956)5月、石田波郷は自ら主宰する俳句結社「鶴」の一行十数人とともに横須賀駅へ降り立ち、衣笠、武を経由して三崎へ向いました。碑の句は、その夜の句会での作で、翌年発行した『春嵐』に収められています。「鶴」には横須賀支部があったことから、彼は横須賀の俳人とも交流があり、同25年(1950)ごろに芦名を訪れています。
  石田波郷は、大正2年(1913)3月に愛媛県温泉郡は垣ぶ生村(現・松山市)で生まれ、本名は哲大(てつお)。昭和3年(1928)松山中学校4年のときに、同級生・中富正三(俳優・大友柳太朗)の勧めで句作を始めました。中学校卒業後、五十崎古郷(いかざきこきょう)を訪ねて入門し、写生俳句を学び、波郷の号を与えられました。同7年(1932)単身上京し水原秋桜子に師事、翌年、最年少で「馬酔木(あしび)」の第一期同人となり俳壇の注目を浴びました。同12年(1937)、「鶴」を創刊主宰し、「馬酔木」以外の新興俳句作家とも交遊し、人間探求派の作家とも呼ばれるようになりました。
  同18年(1943)に兵役につく前後から、病気がちになり、終戦直前の同20年(1945)6月に兵役免除となりました。同21年(1946)3月に「鶴」を復刊し、同年9月には総合俳誌『現代俳句』を創刊、編集に当たりました。同30年(1955)、前年発行の『定本石田波郷全句集』の業績により、第六回読売文学賞を受賞。同44年(1969)には芸術選奨文部大臣賞を受賞しました。同40年(1965)以後は、入退院を繰り返すようになり、同44年(1969)11月に逝去(享年56歳)。主な句集に、『鶴の眼』『惜命』などがあります。

交通:JR横須賀駅~長井または大楠芦名口間バス、一騎塚下車・徒歩3分
石田波郷

お問い合わせ

文化スポーツ観光部文化振興課

横須賀市小川町11番地 本館3号館4階<郵便物:「〒238-8550 文化振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8116

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?