ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文学碑 > 与謝野夫妻歌碑

更新日:2017年2月20日

ここから本文です。

与謝野夫妻歌碑

碑文

黒船を怖れし世などなきごとし
浦賀に見るはすべて黒船 寛

春寒し造船所こそ悲しけれ
浦賀の町に黒き鞘懸く 晶子

  碑の歌は、昭和10年(1935)3月3日与謝野 寛(号・鉄幹)、晶子夫妻が同人たちとともに、観音崎、浦賀、久里浜を吟行した折り詠んだものです。思いのほかの寒さであったためか、寛は同年3月肺炎で没しましたので(享年62歳)、これは生涯最後の歌の一つといえます。
  寛は明治6年(1873)2月に京都市左京区で、晶子(本名・鳳志よう)は同11年(1878)12月に大阪府堺市で生まれました。明治25年(1892)上京して落合直文の門下に入った寛は、同32年(1899)の秋に「東京新詩社」を設立。翌年4月には機関誌「明星」を創刊し、ひろく青年層にロマンチシズムを鼓吹して、短歌の革新に貢献しました。
  一方、寛の歌に深く心うたれた晶子は、新詩社社友となって「明星」2号に短歌を発表、以後毎号同誌に投稿しました。晶子が、同33年(1900)8月に講演のため来阪した寛をその宿に訪ねたのが、二人の最初の出会いでした。やがて恋愛の進展に伴い、同34年(1901)6月晶子が上京、この秋正式に結婚しました。同年8月に出版された晶子の第一歌集『みだれ髪』は、世の注目を浴び、新詩社黄金時代の幕開けとなりました。
  二人は、明治30年代の詩歌壇を主導して、浪漫主義文芸の花を咲かせ、石川啄木、北原白秋、高村光太郎、佐藤春夫、堀口大学らの俊英を輩出しました。代表作として、寛に『東西南北』『天地玄黄(げんこう)』『紫』『鴉と雨』、晶子に『みだれ髪』『小扇』『舞姫』『白桜集』があります。
  晶子は昭和17年(1942)5月に逝去(享年64歳)。

交通:京急浦賀駅~JR・京急久里浜駅間バス、紺屋町下車・徒歩6分

与謝野夫妻歌碑 与謝野夫妻歌碑2

お問い合わせ

文化スポーツ観光部文化振興課

横須賀市小川町11番地 本館3号館4階<郵便物:「〒238-8550 文化振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8116

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?