ホーム > 3D都市モデル活用事業業務プロポーザルの実施について

更新日:2022年5月20日

ここから本文です。

3D都市モデル活用事業業務委託プロポーザルの実施について

 本件は、国土交通省が主導するPLATEAUを活用した、3D都市モデル活用事業業務委託事業者をプロポーザル方式により選考するものです。

業務の目的

 本事業は国交省が主導するPLATEAUのデータ(CityGML)を元に、横須賀市全域の地形及び建物データを汎用3Dデータ形式(VRデータ)に変換し、仮想空間で横須賀市エリア全域を閲覧出来るVRシステムを作成するものです。
また、横須賀中央、追浜の再開発事業の実施に向け、2つのエリアは沿道建物の撮影した写真を貼りつけてまちづくり検討ができるレベルで表現を行い、まちなみ景観の形成に関する事業の計画案を仮想現実空間でシミュレーションすることにより、関係者との全体イメージの共有、合意形成を図るコミュニケーションツールとして活用したいと考えています。
 本業務において作成したVRデータは、事業実施だけでなく、横須賀市の新たな地図情報の基盤として、今後活用します。 
これら本業務目的遂行のため、3D都市モデル活用業務の受託者を選定するためのプロポーザルを実施します。

参加要件

  • 平成29年4月1日以降に下記の同種又は類似業務のVRデータを作成し、元請けとして契約を締結し完了した実績があること。
  • 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しないもの。
  • 法人格を有すること。
  • 横須賀市暴力団排除条例第2条第2号、第4号または第5号に該当していないこと。

※同種業務:都市計画決定・変更や市街地開発事業において活用した事例

※類似業務:地方自治体の取組等で活用した事例(例:観光、道路整備等)

スケジュール

sukezyu-ru

実施要領及び仕様書関係書類

質問・回答内容の公表

令和4年4月21日(木)17時に質問を締め切りました。提出された質問に対する回答を以下のとおり公表します。

※回答を一部修正しましたので、改めて以下を確認ください。(修正箇所は赤字で記載しています。)

選定結果

1.企画提案審査(1次選考)結果

事業者名 評価点(※1) 結果
A社 85点 選考

※1 選定委員1人当たりプレゼンテーション審査110点、4人の得点を平均した整数(小数点第1位を四捨五入)を評価点とし、60点以上の評価点を取得した参加者を通過者とした。

2.競争見積もり合わせ(2次選考)結果

事業者名

見積金額(税抜)

契約候補者
パナソニック株式会社 エレクトリックワークス社 5,300,000円 決定

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市部都市計画課

横須賀市小川町11番地 分館4階<郵便物:「〒238-8550 都市計画課」で届きます>

電話番号:046-822-8306

ファクス:046-826-0420

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?