ホーム > 「消火活動に重大な支障を生ずるおそれのある物質」とは

更新日:2020年12月1日

ここから本文です。

「消火活動に重大な支障を生ずるおそれのある物質」とは

消火活動に重大な支障を生ずるおそれのある物質(消防活動阻害物質)とは

火災が発生した場合や物質が漏えいした場合に重大な被害を生ずるおそれのある物質を「消火活動に重大な支障を生ずるおそれのある物質(消防活動阻害物質)」といいます。

これらの物質を一定量以上貯蔵し、又は取り扱う場合は、消防法第9条の3又は火災予防条例第85条により、あらかじめ管轄消防署への届出が必要となります。

法令ごとに指定されている物質、届出


消防法第9条の3に該当する物質

圧縮アセチレンガス等の貯蔵又は取扱いの開始(廃止)届出書

  • 圧縮アセチレンガス
  • 無水硫酸
  • 液化石油ガス
  • 生石灰
  • 毒物(シアン化水素等)
  • 劇物(アンモニア、塩化水素、硫酸を含有する製剤(硫酸60%を超えるもの)等)

 

 

消防法第9条の3の物質・数量の詳細はこちら(PDF:202KB)

届出の様式はこちら(ワード:38KB)

火災予防条例第85条に該当する物質

核燃料物質等貯蔵・取扱(変更)届
 

  • 核燃料物質
  • 放射性物質
  • 火薬類
  • 毒物(消防法第9条の3以外)
  • 劇物(消防法第9条の3以外、例として硫酸を含有する製剤(硫酸10%を超え60%以下のもの等))
  • 高圧ガス
  • 有毒ガス
     

火災予防条例第85条の物質・数量の詳細はこちら(PDF:206KB)

届出の様式はこちら(ワード:35KB)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

消防局予防課

横須賀市小川町11番地 消防局庁舎5階<郵便物:「〒238-8550 予防課」で届きます>

電話番号:046-821-6469

ファクス:046-823-8405

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?