ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文化財 > 横須賀市内の指定重要文化財等 > 横須賀市指定重要有形文化財(絵画・彫刻・工芸・考古資料等) > 木造天岸慧広坐像(もくぞうてんがんえこうざぞう)

更新日:2013年12月25日

ここから本文です。

木造天岸慧広坐像(もくぞうてんがんえこうざぞう)

木造天岸慧広坐像

指定年月日:昭和44年(1969年)8月11日
天岸慧広は満昌寺の中興開山で、鎌倉円覚寺第一座、また報国寺の開山ともなった名僧で、建武2年(1335年)に示寂。満昌寺に伝わる本像は寄木造り、玉眼入りで、像高76cm。
その形姿は曲碌に安坐し、両袖と裳裾(もすそ)を垂下する。通形の頂相彫刻で、特に頭面部の個性的な風貌を写実的にとらえており、没後間もないころに制作されたものと考えられる。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8484

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?