ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文化財 > 横須賀市内の指定重要文化財等 > 横須賀市指定重要有形文化財(絵画・彫刻・工芸・考古資料等) > 最寶寺中世文書(さいほうじちゅうせいもんじょ)

更新日:2013年12月25日

ここから本文です。

最寶寺中世文書(さいほうじちゅうせいもんじょ)

最寶寺中世文書

指定年月日:平成17年(2005年)12月26日
最寶寺は五明山と称し、寺伝によると源頼朝が鎌倉扇ヶ谷(五明は扇のこと)に創建したが、建久6年(1195年)寺地を鎌倉弁ヶ谷に移した。開基は明光で、始め天台宗で薬師如来(県指定重要文化財)を本尊とした(後に浄土真宗に改宗)。大永元年(1521年)の火災で堂宇が焼失したため、現在の横須賀市野比に移った。
焼損した文書も多いが最寶寺には数多くの文書が残されている。指定した8通の中世文書は横須賀市では最古に属するものである。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8484

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?