ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文化財 > 横須賀市内の指定重要文化財等 > 横須賀市指定重要有形文化財(絵画・彫刻・工芸・考古資料等) > 石造板碑文永八年在銘(せきぞういたびぶんえいはちねんざいめい)

更新日:2012年8月29日

ここから本文です。

石造板碑文永八年在銘(せきぞういたびぶんえいはちねんざいめい)

石造板碑文永八年在銘

指定年月日:平成24年(2012年)2月27日


相模国域で最大の武蔵型板碑は、鎌倉長谷寺の弘長二年(1262年)板碑であり、二番目に大きいのが満昌寺の市指定史跡「伝三浦義明廟所」の板碑である。

清雲寺の本板碑は高不詳現高140.0cm、巾44.0cmであり、長谷寺板碑と満昌寺板碑の間に入る大きさである。

銘文中の「左衛門小尉平盛信」は佐原光盛の子盛信に比定され、「先考」は光盛にあたり、この板碑は光盛の十三回忌の造立であるが、盛信はこの板碑の造立の翌年の文永九年に北条氏の内紛「二月騒動」に巻き込まれ自害している。板碑の銘文が歴史史料と合致する事例である。

以上の事から、「石造板碑文永八年在銘」は重要な歴史資料である。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8484

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?