ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文化財 > 横須賀市内の指定重要文化財等 > 横須賀市指定重要有形文化財(絵画・彫刻・工芸・考古資料等) > 会津藩士と家族の墓碑(あいづはんしとかぞくのぼひ)

更新日:2011年4月21日

ここから本文です。

会津藩士と家族の墓碑(あいづはんしとかぞくのぼひ)

会津藩士と家族の墓碑

指定年月日:平成23年(2011年)3月10日

走水・圓照寺に所在する会津藩士とその家族の墓碑6基(写真左の「三如院妙相日等大姉」およびその右の最後列の3基、その前列の左側の2基)。

江戸時代後半の寛政年間(1789~1800年)以降になると、外国船の来航が頻繁になり、幕府が江戸湾防備の海防策をとり、三浦半島の任務に最初に就いたのが会津藩である。その期間は文化七年(1810年)から文政三年(1820年)までの10年間である。
この間に亡くなられた藩士とその家族の墓碑は、本市に4カ所51基、三浦市に5カ所37基が判明している。本市の4カ所のうち、鴨居に所在する会津藩士墓地=腰越墓地は市指定史跡に指定している。
幕府の海防対策に関する資料であると同時に、郷土の歴史の一端を学ぶ実物の資料として重要な歴史資料である。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8484

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?