ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文化財 > 横須賀市内の指定重要文化財等 > 横須賀市指定重要有形文化財(絵画・彫刻・工芸・考古資料等) > 木造千手観音菩薩立像(もくぞうせんじゅかんのんりゅうぞう)

更新日:2013年12月25日

ここから本文です。

木造千手観音菩薩立像(もくぞうせんじゅかんのんりゅうぞう)

木造千手観音立像

指定年月日:昭和54年(1979年)12月25日
千手観音菩薩立像は、もと御滝社の隣接に存在した経塚山千手院の本尊である。昭和五年に等覚寺に移安されたという。
像は頭上に仏面のほか八箇の菩薩面(後補)をいただき四十二臂の通常の形姿である。

構造は一木造りで、平安時代後期の作品として市内では古い仏像の一つである。
本体とは別材のすべての手をはじめ、光背・台座・瓔珞・天衣など後補の部分が多い。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8484

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?