ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文化財 > 横須賀市内の指定重要文化財等 > 横須賀市指定重要有形文化財(絵画・彫刻・工芸・考古資料等) > 北条氏印判状及び長谷川長綱黒印状(ほうじょうしいんぱんじょうおよびはせがわながつなこくいんじょう)

更新日:2013年12月25日

ここから本文です。

北条氏印判状及び長谷川長綱黒印状(ほうじょうしいんぱんじょうおよびはせがわながつなこくいんじょう)

長谷川長綱黒印状

指定年月日:平成21年(2009年)3月10日
昭和47年(1972年)に指定した「北条氏印判状7通」に、それらと関連の深い「長谷川長綱黒印状1通」を加えて、指定名称と数量を変更して指定したものである。

北条氏印判状は後北条氏政権下の相模国中郡における皮つくりの実態を示す中世文書である。

一方、長谷川長綱黒印状は徳川家康の家臣で代官を務めた長谷川長綱が、浦賀において皮つくりを始めたことを許可する近世初頭の文書である。中郡で皮つくりをしていた者と近しい者に宛てた文書で、浦賀と相模国中郡の関わりを示すことでも貴重な資料である。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8484

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?